Background: #fff
Foreground: #000
PrimaryPale: #8cf
PrimaryLight: #18f
PrimaryMid: #04b
PrimaryDark: #014
SecondaryPale: #ffc
SecondaryLight: #fe8
SecondaryMid: #db4
SecondaryDark: #841
TertiaryPale: #eee
TertiaryLight: #ccc
TertiaryMid: #999
TertiaryDark: #666
Error: #f88
<!--{{{-->
<div class='toolbar' macro='toolbar [[ToolbarCommands::EditToolbar]]'></div>
<div class='title' macro='view title'></div>
<div class='editor' macro='edit title'></div>
<div macro='annotations'></div>
<div class='editor' macro='edit text'></div>
<div class='editor' macro='edit tags'></div><div class='editorFooter'><span macro='message views.editor.tagPrompt'></span><span macro='tagChooser excludeLists'></span></div>
<!--}}}-->
To get started with this blank [[TiddlyWiki]], you'll need to modify the following tiddlers:
* [[SiteTitle]] & [[SiteSubtitle]]: The title and subtitle of the site, as shown above (after saving, they will also appear in the browser title bar)
* [[MainMenu]]: The menu (usually on the left)
* [[DefaultTiddlers]]: Contains the names of the tiddlers that you want to appear when the TiddlyWiki is opened
You'll also need to enter your username for signing your edits: <<option txtUserName>>
<<importTiddlers>>
<!--{{{-->
<link rel='alternate' type='application/rss+xml' title='RSS' href='index.xml' />
<!--}}}-->
These [[InterfaceOptions]] for customising [[TiddlyWiki]] are saved in your browser

Your username for signing your edits. Write it as a [[WikiWord]] (eg [[JoeBloggs]])

<<option txtUserName>>
<<option chkSaveBackups>> [[SaveBackups]]
<<option chkAutoSave>> [[AutoSave]]
<<option chkRegExpSearch>> [[RegExpSearch]]
<<option chkCaseSensitiveSearch>> [[CaseSensitiveSearch]]
<<option chkAnimate>> [[EnableAnimations]]

----
Also see [[AdvancedOptions]]
<!--{{{-->
<div class='header' role='banner' macro='gradient vert [[ColorPalette::PrimaryLight]] [[ColorPalette::PrimaryMid]]'>
<div class='headerShadow'>
<span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp;
<span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span>
</div>
<div class='headerForeground'>
<span class='siteTitle' refresh='content' tiddler='SiteTitle'></span>&nbsp;
<span class='siteSubtitle' refresh='content' tiddler='SiteSubtitle'></span>
</div>
</div>
<div id='mainMenu' role='navigation' refresh='content' tiddler='MainMenu'></div>
<div id='sidebar'>
<div id='sidebarOptions' role='navigation' refresh='content' tiddler='SideBarOptions'></div>
<div id='sidebarTabs' role='complementary' refresh='content' force='true' tiddler='SideBarTabs'></div>
</div>
<div id='displayArea' role='main'>
<div id='messageArea'></div>
<div id='tiddlerDisplay'></div>
</div>
<!--}}}-->
/*{{{*/
body {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}

a {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
a:hover {background-color:[[ColorPalette::PrimaryMid]]; color:[[ColorPalette::Background]];}
a img {border:0;}

h1,h2,h3,h4,h5,h6 {color:[[ColorPalette::SecondaryDark]]; background:transparent;}
h1 {border-bottom:2px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];}
h2,h3 {border-bottom:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];}

.button {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; border:1px solid [[ColorPalette::Background]];}
.button:hover {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; border-color:[[ColorPalette::SecondaryMid]];}
.button:active {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::SecondaryMid]]; border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryDark]];}

.header {background:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.headerShadow {color:[[ColorPalette::Foreground]];}
.headerShadow a {font-weight:normal; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
.headerForeground {color:[[ColorPalette::Background]];}
.headerForeground a {font-weight:normal; color:[[ColorPalette::PrimaryPale]];}

.tabSelected {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]];
	background:[[ColorPalette::TertiaryPale]];
	border-left:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];
	border-top:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];
	border-right:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];
}
.tabUnselected {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.tabContents {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; background:[[ColorPalette::TertiaryPale]]; border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.tabContents .button {border:0;}

#sidebar {}
#sidebarOptions input {border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
#sidebarOptions .sliderPanel {background:[[ColorPalette::PrimaryPale]];}
#sidebarOptions .sliderPanel a {border:none;color:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
#sidebarOptions .sliderPanel a:hover {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
#sidebarOptions .sliderPanel a:active {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]]; background:[[ColorPalette::Background]];}

.wizard {background:[[ColorPalette::PrimaryPale]]; border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.wizard h1 {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; border:none;}
.wizard h2 {color:[[ColorPalette::Foreground]]; border:none;}
.wizardStep {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];
	border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.wizardStep.wizardStepDone {background:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.wizardFooter {background:[[ColorPalette::PrimaryPale]];}
.wizardFooter .status {background:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; color:[[ColorPalette::Background]];}
.wizard .button {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; border: 1px solid;
	border-color:[[ColorPalette::SecondaryPale]] [[ColorPalette::SecondaryDark]] [[ColorPalette::SecondaryDark]] [[ColorPalette::SecondaryPale]];}
.wizard .button:hover {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::Background]];}
.wizard .button:active {color:[[ColorPalette::Background]]; background:[[ColorPalette::Foreground]]; border: 1px solid;
	border-color:[[ColorPalette::PrimaryDark]] [[ColorPalette::PrimaryPale]] [[ColorPalette::PrimaryPale]] [[ColorPalette::PrimaryDark]];}

.wizard .notChanged {background:transparent;}
.wizard .changedLocally {background:#80ff80;}
.wizard .changedServer {background:#8080ff;}
.wizard .changedBoth {background:#ff8080;}
.wizard .notFound {background:#ffff80;}
.wizard .putToServer {background:#ff80ff;}
.wizard .gotFromServer {background:#80ffff;}

#messageArea {border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryMid]]; background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
#messageArea .button {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]]; background:[[ColorPalette::SecondaryPale]]; border:none;}

.popupTiddler {background:[[ColorPalette::TertiaryPale]]; border:2px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]];}

.popup {background:[[ColorPalette::TertiaryPale]]; color:[[ColorPalette::TertiaryDark]]; border-left:1px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]]; border-top:1px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]]; border-right:2px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]]; border-bottom:2px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}
.popup hr {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; background:[[ColorPalette::PrimaryDark]]; border-bottom:1px;}
.popup li.disabled {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.popup li a, .popup li a:visited {color:[[ColorPalette::Foreground]]; border: none;}
.popup li a:hover {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; border: none;}
.popup li a:active {background:[[ColorPalette::SecondaryPale]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; border: none;}
.popupHighlight {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
.listBreak div {border-bottom:1px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.tiddler .defaultCommand {font-weight:bold;}

.shadow .title {color:[[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.title {color:[[ColorPalette::SecondaryDark]];}
.subtitle {color:[[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.toolbar {color:[[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.toolbar a {color:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.selected .toolbar a {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.selected .toolbar a:hover {color:[[ColorPalette::Foreground]];}

.tagging, .tagged {border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryPale]]; background-color:[[ColorPalette::TertiaryPale]];}
.selected .tagging, .selected .tagged {background-color:[[ColorPalette::TertiaryLight]]; border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.tagging .listTitle, .tagged .listTitle {color:[[ColorPalette::PrimaryDark]];}
.tagging .button, .tagged .button {border:none;}

.footer {color:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}
.selected .footer {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}

.error, .errorButton {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::Error]];}
.warning {color:[[ColorPalette::Foreground]]; background:[[ColorPalette::SecondaryPale]];}
.lowlight {background:[[ColorPalette::TertiaryLight]];}

.zoomer {background:none; color:[[ColorPalette::TertiaryMid]]; border:3px solid [[ColorPalette::TertiaryMid]];}

.imageLink, #displayArea .imageLink {background:transparent;}

.annotation {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; border:2px solid [[ColorPalette::SecondaryMid]];}

.viewer .listTitle {list-style-type:none; margin-left:-2em;}
.viewer .button {border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryMid]];}
.viewer blockquote {border-left:3px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.viewer table, table.twtable {border:2px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}
.viewer th, .viewer thead td, .twtable th, .twtable thead td {background:[[ColorPalette::SecondaryMid]]; border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]]; color:[[ColorPalette::Background]];}
.viewer td, .viewer tr, .twtable td, .twtable tr {border:1px solid [[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.viewer pre {border:1px solid [[ColorPalette::SecondaryLight]]; background:[[ColorPalette::SecondaryPale]];}
.viewer code {color:[[ColorPalette::SecondaryDark]];}
.viewer hr {border:0; border-top:dashed 1px [[ColorPalette::TertiaryDark]]; color:[[ColorPalette::TertiaryDark]];}

.highlight, .marked {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]];}

.editor input {border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]];}
.editor textarea {border:1px solid [[ColorPalette::PrimaryMid]]; width:100%;}
.editorFooter {color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
.readOnly {background:[[ColorPalette::TertiaryPale]];}

#backstageArea {background:[[ColorPalette::Foreground]]; color:[[ColorPalette::TertiaryMid]];}
#backstageArea a {background:[[ColorPalette::Foreground]]; color:[[ColorPalette::Background]]; border:none;}
#backstageArea a:hover {background:[[ColorPalette::SecondaryLight]]; color:[[ColorPalette::Foreground]]; }
#backstageArea a.backstageSelTab {background:[[ColorPalette::Background]]; color:[[ColorPalette::Foreground]];}
#backstageButton a {background:none; color:[[ColorPalette::Background]]; border:none;}
#backstageButton a:hover {background:[[ColorPalette::Foreground]]; color:[[ColorPalette::Background]]; border:none;}
#backstagePanel {background:[[ColorPalette::Background]]; border-color: [[ColorPalette::Background]] [[ColorPalette::TertiaryDark]] [[ColorPalette::TertiaryDark]] [[ColorPalette::TertiaryDark]];}
.backstagePanelFooter .button {border:none; color:[[ColorPalette::Background]];}
.backstagePanelFooter .button:hover {color:[[ColorPalette::Foreground]];}
#backstageCloak {background:[[ColorPalette::Foreground]]; opacity:0.6; filter:alpha(opacity=60);}
/*}}}*/
/*{{{*/
* html .tiddler {height:1%;}

body {font-size:.75em; font-family:arial,helvetica; margin:0; padding:0;}

h1,h2,h3,h4,h5,h6 {font-weight:bold; text-decoration:none;}
h1,h2,h3 {padding-bottom:1px; margin-top:1.2em;margin-bottom:0.3em;}
h4,h5,h6 {margin-top:1em;}
h1 {font-size:1.35em;}
h2 {font-size:1.25em;}
h3 {font-size:1.1em;}
h4 {font-size:1em;}
h5 {font-size:.9em;}

hr {height:1px;}

a {text-decoration:none;}

dt {font-weight:bold;}

ol {list-style-type:decimal;}
ol ol {list-style-type:lower-alpha;}
ol ol ol {list-style-type:lower-roman;}
ol ol ol ol {list-style-type:decimal;}
ol ol ol ol ol {list-style-type:lower-alpha;}
ol ol ol ol ol ol {list-style-type:lower-roman;}
ol ol ol ol ol ol ol {list-style-type:decimal;}

.txtOptionInput {width:11em;}

#contentWrapper .chkOptionInput {border:0;}

.externalLink {text-decoration:underline;}

.indent {margin-left:3em;}
.outdent {margin-left:3em; text-indent:-3em;}
code.escaped {white-space:nowrap;}

.tiddlyLinkExisting {font-weight:bold;}
.tiddlyLinkNonExisting {font-style:italic;}

/* the 'a' is required for IE, otherwise it renders the whole tiddler in bold */
a.tiddlyLinkNonExisting.shadow {font-weight:bold;}

#mainMenu .tiddlyLinkExisting,
	#mainMenu .tiddlyLinkNonExisting,
	#sidebarTabs .tiddlyLinkNonExisting {font-weight:normal; font-style:normal;}
#sidebarTabs .tiddlyLinkExisting {font-weight:bold; font-style:normal;}

.header {position:relative;}
.header a:hover {background:transparent;}
.headerShadow {position:relative; padding:4.5em 0 1em 1em; left:-1px; top:-1px;}
.headerForeground {position:absolute; padding:4.5em 0 1em 1em; left:0; top:0;}

.siteTitle {font-size:3em;}
.siteSubtitle {font-size:1.2em;}

#mainMenu {position:absolute; left:0; width:10em; text-align:right; line-height:1.6em; padding:1.5em 0.5em 0.5em 0.5em; font-size:1.1em;}

#sidebar {position:absolute; right:3px; width:16em; font-size:.9em;}
#sidebarOptions {padding-top:0.3em;}
#sidebarOptions a {margin:0 0.2em; padding:0.2em 0.3em; display:block;}
#sidebarOptions input {margin:0.4em 0.5em;}
#sidebarOptions .sliderPanel {margin-left:1em; padding:0.5em; font-size:.85em;}
#sidebarOptions .sliderPanel a {font-weight:bold; display:inline; padding:0;}
#sidebarOptions .sliderPanel input {margin:0 0 0.3em 0;}
#sidebarTabs .tabContents {width:15em; overflow:hidden;}

.wizard {padding:0.1em 1em 0 2em;}
.wizard h1 {font-size:2em; font-weight:bold; background:none; padding:0; margin:0.4em 0 0.2em;}
.wizard h2 {font-size:1.2em; font-weight:bold; background:none; padding:0; margin:0.4em 0 0.2em;}
.wizardStep {padding:1em 1em 1em 1em;}
.wizard .button {margin:0.5em 0 0; font-size:1.2em;}
.wizardFooter {padding:0.8em 0.4em 0.8em 0;}
.wizardFooter .status {padding:0 0.4em; margin-left:1em;}
.wizard .button {padding:0.1em 0.2em;}

#messageArea {position:fixed; top:2em; right:0; margin:0.5em; padding:0.5em; z-index:2000; _position:absolute;}
.messageToolbar {display:block; text-align:right; padding:0.2em;}
#messageArea a {text-decoration:underline;}

.tiddlerPopupButton {padding:0.2em;}
.popupTiddler {position: absolute; z-index:300; padding:1em; margin:0;}

.popup {position:absolute; z-index:300; font-size:.9em; padding:0; list-style:none; margin:0;}
.popup .popupMessage {padding:0.4em;}
.popup hr {display:block; height:1px; width:auto; padding:0; margin:0.2em 0;}
.popup li.disabled {padding:0.4em;}
.popup li a {display:block; padding:0.4em; font-weight:normal; cursor:pointer;}
.listBreak {font-size:1px; line-height:1px;}
.listBreak div {margin:2px 0;}

.tabset {padding:1em 0 0 0.5em;}
.tab {margin:0 0 0 0.25em; padding:2px;}
.tabContents {padding:0.5em;}
.tabContents ul, .tabContents ol {margin:0; padding:0;}
.txtMainTab .tabContents li {list-style:none;}
.tabContents li.listLink { margin-left:.75em;}

#contentWrapper {display:block;}
#splashScreen {display:none;}

#displayArea {margin:1em 17em 0 14em;}

.toolbar {text-align:right; font-size:.9em;}

.tiddler {padding:1em 1em 0;}

.missing .viewer,.missing .title {font-style:italic;}

.title {font-size:1.6em; font-weight:bold;}

.missing .subtitle {display:none;}
.subtitle {font-size:1.1em;}

.tiddler .button {padding:0.2em 0.4em;}

.tagging {margin:0.5em 0.5em 0.5em 0; float:left; display:none;}
.isTag .tagging {display:block;}
.tagged {margin:0.5em; float:right;}
.tagging, .tagged {font-size:0.9em; padding:0.25em;}
.tagging ul, .tagged ul {list-style:none; margin:0.25em; padding:0;}
.tagClear {clear:both;}

.footer {font-size:.9em;}
.footer li {display:inline;}

.annotation {padding:0.5em; margin:0.5em;}

* html .viewer pre {width:99%; padding:0 0 1em 0;}
.viewer {line-height:1.4em; padding-top:0.5em;}
.viewer .button {margin:0 0.25em; padding:0 0.25em;}
.viewer blockquote {line-height:1.5em; padding-left:0.8em;margin-left:2.5em;}
.viewer ul, .viewer ol {margin-left:0.5em; padding-left:1.5em;}

.viewer table, table.twtable {border-collapse:collapse; margin:0.8em 1.0em;}
.viewer th, .viewer td, .viewer tr,.viewer caption,.twtable th, .twtable td, .twtable tr,.twtable caption {padding:3px;}
table.listView {font-size:0.85em; margin:0.8em 1.0em;}
table.listView th, table.listView td, table.listView tr {padding:0 3px 0 3px;}

.viewer pre {padding:0.5em; margin-left:0.5em; font-size:1.2em; line-height:1.4em; overflow:auto;}
.viewer code {font-size:1.2em; line-height:1.4em;}

.editor {font-size:1.1em;}
.editor input, .editor textarea {display:block; width:100%; font:inherit;}
.editorFooter {padding:0.25em 0; font-size:.9em;}
.editorFooter .button {padding-top:0; padding-bottom:0;}

.fieldsetFix {border:0; padding:0; margin:1px 0px;}

.zoomer {font-size:1.1em; position:absolute; overflow:hidden;}
.zoomer div {padding:1em;}

* html #backstage {width:99%;}
* html #backstageArea {width:99%;}
#backstageArea {display:none; position:relative; overflow: hidden; z-index:150; padding:0.3em 0.5em;}
#backstageToolbar {position:relative;}
#backstageArea a {font-weight:bold; margin-left:0.5em; padding:0.3em 0.5em;}
#backstageButton {display:none; position:absolute; z-index:175; top:0; right:0;}
#backstageButton a {padding:0.1em 0.4em; margin:0.1em;}
#backstage {position:relative; width:100%; z-index:50;}
#backstagePanel {display:none; z-index:100; position:absolute; width:90%; margin-left:3em; padding:1em;}
.backstagePanelFooter {padding-top:0.2em; float:right;}
.backstagePanelFooter a {padding:0.2em 0.4em;}
#backstageCloak {display:none; z-index:20; position:absolute; width:100%; height:100px;}

.whenBackstage {display:none;}
.backstageVisible .whenBackstage {display:block;}
/*}}}*/
/***
StyleSheet for use when a translation requires any css style changes.
This StyleSheet can be used directly by languages such as Chinese, Japanese and Korean which need larger font sizes.
***/
/*{{{*/
body {font-size:0.8em;}
#sidebarOptions {font-size:1.05em;}
#sidebarOptions a {font-style:normal;}
#sidebarOptions .sliderPanel {font-size:0.95em;}
.subtitle {font-size:0.8em;}
.viewer table.listView {font-size:0.95em;}
/*}}}*/
/*{{{*/
@media print {
#mainMenu, #sidebar, #messageArea, .toolbar, #backstageButton, #backstageArea {display: none !important;}
#displayArea {margin: 1em 1em 0em;}
noscript {display:none;} /* Fixes a feature in Firefox 1.5.0.2 where print preview displays the noscript content */
}
/*}}}*/
<!--{{{-->
<div class='toolbar' role='navigation' macro='toolbar [[ToolbarCommands::ViewToolbar]]'></div>
<div class='title' macro='view title'></div>
<div class='subtitle'><span macro='view modifier link'></span>, <span macro='view modified date'></span> (<span macro='message views.wikified.createdPrompt'></span> <span macro='view created date'></span>)</div>
<div class='tagging' macro='tagging'></div>
<div class='tagged' macro='tags'></div>
<div class='viewer' macro='view text wikified'></div>
<div class='tagClear'></div>
<!--}}}-->

このサイトへようこそ
DokuWikiは、wiki系のwebコンテンス管理システムです。特にアクセス管理が充
実しています。
ユーザ登録はメールでアドレスを確認し、ユーザー名パスワードを付与できる
ので、グループで書き込み閲覧できるが、他の人には出来ない。一般に閲覧出
来るページとするなどの設定ができます。ページ毎の細かい管理も可能になっ
ています。もともと英語のツールですが、日本語にも対応しています。ただ設
置、使い方は英語なのでちょっとやっかいですね。
 誰か翻訳ページを作ってくれると有り難いなぁ!

DokuWiki(ダウンロードのページ)
http://www.splitbrain.org/Programming/PHP/DokuWiki/index.php
DokuWiki(インストールのページ)
http://wiki.splitbrain.org/wiki:Install

**Wiki【ウィキ】
 Webブラウザから簡単にWebページの発行・編集などが行なえる、Webコンテ
 ンツ管理システム。WebサーバにインストールしてWebブラウザから利用する。

DokuWikiを設置してみよう。インストールのページを参照しながら貧弱な英語
力で試し試し設置してみました。
 
1.ダウンロードのページから dokuwiki-2005-07-13.tgz(2005.09.18現在
  最新)をダウンロードする。その後適当なフォルダで解凍をする。
  dokuwiki-2005-07-13フォルダに解凍される。
  (圧縮がtgzで行われているのでこれを解凍出来るツールで解凍を)

  フォルダ名をdokuwiki-2005-07-13→dokuwikiに変更する
  (適当なフォルダ名)

2.FTPで設置するサイトにdokuwikiフォルダごとアップロードする。
  (その前に)
  ・xxx.xxxx.php.distをxxx.xxxx.php変更する
   (拡張子distをphpに変更)

[dokuwiki]
 ├ [conf] 
 │ ├ .htaccess 
 │ ├ acl.auth.php.dist →  acl.auth.php 
 │ ├ acronyms.conf 
 │ ├ custom.conf 
 │ ├ dokuwiki.php 
 │ ├ entities.conf 
 │ ├ interwiki.conf 
 │ ├ local.php.dist →    local.php 
 │ ├ mime.conf 
 │ ├ smileys.conf 
 │ ├ users.auth.php.dist → users.auth.php 
 │ └ wordblock.conf 
  
*acl.auth.phpは、権限を設定するためのファイルで、グループとユーザに
 許可する権限を定義する。
*users.auth.phpは、各ユーザの情報を設定するためのファイル。
*local.phpはdokuwiki.phpで定義される設定情報を上書きするためのファイル。
conf/local.phpをテキストエディタで編集して、アクセスコントロールを
 有効にする(その他の設定も)。 

$conf['lang'] = 'ja'; // 日本語化
$conf['start'] = 'KoshigoeWiki'; // WIkiのトップページ名前空間 
$conf['title'] = 'KoshigoeWiki'; // Wikiのタイトル 
$conf['useacl'] = 1; // アクセスコントロールを有効にする 
$conf['openregister'] = 1; // ユーザ登録の方法がわからなかったので、
               公開登録を一時的に有効にする 

$conf['autopasswd'] = 1; // 登録の際にパスワードをメールで送ってもらう 
$conf['defaultgroup'] = '管理者グループ'; 
         // 登録時に自動的に設定されるグループ名を指定しておく 
$conf['superuser'] = '管理者ユーザ'; 
            // 管理機能を利用できる様にユーザ名を指定しておく 


3.FTPで設置するサイトにdokuwikiフォルダごとアップロードする。
4.dataフォルダにchages.logファイルを作成する。(空のファイルでOK)
5.パーミッション(アクセス権限)の設定
  dataフォルダ以下を777に設定する。(これは設置するサイトによって違う)
 ├ [data] (777) 
 │ ├ [attic] (777) 
 │ │ └ _dummy 
 │ ├ [cache] (777) 
 │ │ └ _dummy 
 │ ├ [locks] (777) 
 │ │ └ _dummy 
 │ ├ [media] (777) 
 │ │ └ [wiki] (777) 
 │ │ └ dokuwiki-128.png 
 │ ├ [meta] (777) 
 │ ├ [pages] (777) 
 │ │ └ [wiki](777) 
 │ │ ├ dokuwiki.txt 
 │ │ ├ playground.txt 
 │ │ └ syntax.txt 
 │ └ .htaccess

http://takmi.ciao.jp/dokuwiki/index.php?do=check 
でチェックしてみよう。(URL:は設置したサイト(http://takmi.ciao.jp/)
になります。)

エラーが出てれば赤でメッセージ。 
緑のメッセージはOK
黄色は多分警告

エラーの内容を見ながら1行ずつつぶして行く。大抵はパーミッションの変更
で修正可能だと思います。緑、黄色メッセージならば

dokuwikiを設置したサイトにアクセスしてみよう。
http://takmi.ciao.jp/dokuwiki/index.php

ログインボタンが出てきたら設置はほぼ完了、
新規にユーザーを登録する。ユーザー名、名前、メールアドレスをいれれば、
メールでパスワードが送られてくるので、ユーザ名、パスワードでログインする。

この状態で一応OK。ただこのままだと誰でもユーザ登録出来てしまうので、

conf/acl.auth.phpを編集して、一般ユーザ権限を閲覧のみにし、管理者グループ
を追加しておく。タブ区切りで記述し、左から名前空間・グループ名・権限レベル
(権限値の総和)
 
dokuwiki.php の $conf['openregister']= 0;  0に設定

acl.auth.php の一番下を 
* @ALL 1 
* @admin 16

に設定して保存。FTPでアップロード。これで設置は完了です。

設置について参考にさせて頂いたページ
DokuWiki 
http://tokyo.atso-net.jp/pukiwikip/?DokuWiki
DokuWiki と KamiWiki を 設置してみました
http://tokyo.atso-net.jp/index.php?UID=1124690235

WebブラウザFirefox、メーラーThunderbirdをIE(インターネットエクスプローラー)、OutlookExpressから乗り換える方法を書いた本が出版されています。(センター南の有隣堂で見ました)

Firefox+Thunderbird 乗り換え&活用最強ガイド
http://www.gihyo.co.jp/books/syoseki-contents.php/4-7741-2363-3
Thunderbird 日本語版
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/mailer/thunderbird.html
Firefox 日本語版
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/browser/webbrowser/firefox.html


MS Officeと互換性のあるOpenOffice(オープンソフト)の入門書がダウンロード
出来ます。
「OpenOffice.org」v2.0のフルカラー入門書PDFが日本ユーザー会で無償公開 
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/09/27/ooo2colormanual.html
OpenOffice2.0セミナーテキスト制作プロジェクト
http://openoffice-docj.sourceforge.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=2%2E0%5Fseminar%5Fdoc
日本:OpenOffice.org日本ユーザー会
http://ja.openoffice.org/


WebブラウザOperaの広告が付かないバージョンが無料でダウンロード出来ます。
Opera.comへようこそ
http://jp.opera.com/

Adobe Reader、動作が重くて困っていませんか?
今度「Foxit Reader」というソフトウェアがリリースされました。使ってみま
したがAdobe Readerとは違って非常に軽快です。(非商用はフリーです)

独自エンジン搭載で高速起動するフリーのPDF閲覧・印刷ソフト「Foxit Reader」 
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/09/27/foxitreader.html

Foxit Reader for Windows
http://www.foxitsoftware.com/pdf/rd_intro.php
よりdownload nowをクリックしてpdfrd.zipをダウンロードして、適当なフォルダ
に解凍する。

日本語に対応させる為には「FPDFCJK.BIN」をダウンロードしてFoxit Reader.exe
と同じフォルダに入れる。Foxit Reader.exeをクリックすると起動出来る。

-------------------------------
IE(インターネットエクスプローラー)と同じWebブラウザですが、最近シェア
をアップしています。IEより使い勝手が良いのではないでしょうか?
これも軽いですよ。

Firefox 日本語版
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/browser/webbrowser/firefox.html
TiddlyWikiを改造したものにGTDTiddlyWiki(Getting Things Done TiddlyWiki) 
というのを見つけました。

GTDTiddlyWiki
http://shared.snapgrid.com/gtd_tiddlywiki.html

GoogleMapsEditor 
http://hsj.jp/gme/
GoogleMapsAPIを利用した地図コンテンツをプログラムなしで作成できる編集ソフトです。

GoogleMapsEditorというホームページ作成ツールが無料でダウンロード出来ます。これは
GoogleMapsを利用する形になっています。

簡単にいうとGoogleMaps(Googleの地図サービス)のURL、画像等をhtmlに自動的に取り込
んだページを作成してくれるツールです。(手書きでやっても出来るのですが、それには
いろいろな知識、技術が必要です)

これを使用するためには
http://hsj.jp/gme/#Download
から
インストーラ(MSI)パッケージ
http://hsj.jp/gme/GMESetup.msi

をダウンロードして、自分のパソコンにインストールします。インストール後起動すると
設置したいURLを聞いてきます。(自分のホームページURLを入れる)
 Google MapsAPI keyを取得(googleのアカウントの無い人は新規登録する)することで
使用出来るようになります。使い方は至って簡単、取り込みたい地図の住所をいれること
で、位置情報などを取り込んでくれます。
詳しい使い方は
GoogleMapsEditor
http://hsj.jp/gme/

最後に作成した情報をhtmlとしてはき出してくれるので適当な名前を付けて保存する。
それを自分のホームページにアップロードすることで完了です。
 自分のホームページには地図情報、画像等一切アップロードしなくて、Googleの
サイトデータをリンクで表示する形になっています。

試しに作ってみました。ご参考まで

地域情報「つづき」
http://tsuzuki.main.jp/map/tsuzuki.html

これはいろいろと応用範囲があると思います。

/***
|''Name:''|JapaneseTranslationPlugin |
|''Description:''|Translation of TiddlyWiki into Japanese |
|''Author:''|OGOSHI Masayuki &lt;ogoshima@gmail.com&gt; |
|''Source:''|http://ogoshi.tiddlyspot.com/#JapaneseTranslationPlugin |
|''Version:''|0.4.1-ja|
|''Date:''|Apr 29, 2010|
|''License:''|[[Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.1 Japan |http://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.1/jp/]] |
|''~CoreVersion:''|2.6.0|

TiddlyWiki を日本語化するプラグイン。TiddlyWiki Version 2.6 上で動作を確認しました。
ライセンスは英語版のCCライセンスに準じる日本語版の CC-by-SA 2.1 ライセンスとします。

オリジナルとなる英語版のクレジットは以下のとおり。
|''Name:''|EnglishTranslationPlugin|
|''Description:''|Translation of TiddlyWiki into English|
|''Author:''|MartinBudden (mjbudden (at) gmail (dot) com)|
|''CodeRepository:''|http://svn.tiddlywiki.org/Trunk/association/locales/core/en/locale.en.js |
|''Version:''|0.4.1|
|''Date:''|Mar 10, 2010|
|''Comments:''|Please make comments at http://groups.google.co.uk/group/TiddlyWikiDev |
|''License:''|[[Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License|http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/]] |
|''~CoreVersion:''|2.6.0|
***/

//{{{
//--
//-- Translateable strings
//--

// Strings in "double quotes" should be translated; strings in 'single quotes' should be left alone

config.locale = "ja"; // W3C language tag

if (config.options.txtUserName == 'YourName') // do not translate this line, but do translate the next line
	merge(config.options,{txtUserName: "氏名"});

merge(config.tasks,{
	save: {text: "保存", tooltip: "このTiddlyWikiを保存します", action: saveChanges},
	sync: {text: "同期", tooltip: "他のTiddlyWikiファイルやサーバと同期をとります", content: '<<sync>>'},
	importTask: {text: "取り込み", tooltip: "他のTiddlyWikiファイルやサーバからtiddlerやプラグインを取り込みます", content: '<<importTiddlers>>'},
	tweak: {text: "詳細設定", tooltip: "TiddlyWikiの細かな振る舞いを設定します", content: '<<options>>'},
	upgrade: {text: "アップグレード", tooltip: "TiddlyWiki本体をバージョンアップします", content: '<<upgrade>>'},
	plugins: {text: "プラグイン", tooltip: "インストール済みのプラグインを管理します", content: '<<plugins>>'}
});

// Options that can be set in the options panel and/or cookies
merge(config.optionsDesc,{
	txtUserName: "編集したtiddlerに記録されるユーザ名",
	chkRegExpSearch: "検索に正規表現を使います",
	chkCaseSensitiveSearch: "検索で大文字小文字を区別します",
	chkIncrementalSearch: "インクリメンタルサーチを行います",
	chkAnimate: "アニメーションを許可します",
	chkSaveBackups: "保存時にバックアップファイルを残します",
	chkAutoSave: "自動保存します",
	chkGenerateAnRssFeed: "保存時にRSSフィードを生成します",
	chkSaveEmptyTemplate: "空のテンプレートファイルを保存時に生成します",
	chkOpenInNewWindow: "外部へのリンクを新しいウィンドウで開きます",
	chkToggleLinks: "tiddlerへのリンククリックでtiddlerを閉じます",
	chkHttpReadOnly: "HTTP経由で開いているときに編集機能を隠します",
	chkForceMinorUpdate: "更新時にユーザ名と日付を変更しません",
	chkConfirmDelete: "tiddlerを消去する時に確認をします",
	chkInsertTabs: "タブキーを押したとき、フィールド間の移動ではなくタブ文字を挿入します",
	txtBackupFolder: "バックアップ用フォルダの名前",
	txtMaxEditRows: "編集領域の最大行数",
	txtTheme: "使用するテーマ名",
	txtFileSystemCharSet: "保存時のデフォルト文字コード(Firefox/Mozillaのみ)"});

merge(config.messages,{
	customConfigError: "プラグインの読み込み時に問題が発生しました。詳細は PluginManager をご覧ください",
	pluginError: "エラー: %0",
	pluginDisabled: "'systemConfigDisable'タグによって実行が禁止されています",
	pluginForced: "'systemConfigForce'タグによって強制実行されました",
	pluginVersionError: "このプラグインの実行には、新しいバージョンの TiddlyWiki が必要です。",
	nothingSelected: "何も選択されていません。一つ以上選択する必要があります。",
	savedSnapshotError: "この~TiddlyWikiは正常に保存されていません。詳細は http://www.tiddlywiki.com/#DownloadSoftware をご覧ください。",
	subtitleUnknown: "(unknown)",
	undefinedTiddlerToolTip: "この tiddler '%0' はまだ作成されていません",
	shadowedTiddlerToolTip: "この tiddler '%0' はまだ作成されていませんが、隠された規定値があります",
	tiddlerLinkTooltip: "%0 - %1, %2",
	externalLinkTooltip: "(外部へのリンク) %0",
	noTags: "タグの付いた tiddler はありません",
	notFileUrlError: "変更を保存するにはこの~TiddlyWikiをファイルとして保存(ダウンロード)する必要があります",
	cantSaveError: "変更を保存できませんでした。以下の理由が考えられます:\n- 使用しているブラウザが保存に対応していない(Firefox/Internet Explorer/Safari/Operaは、正しく設定していれば保存できます)\n- TiddlyWikiファイルの保存path名に不正な文字が含まれている\n- TiddlyWiki HTMLファイルが移動または名前を変更された",
	invalidFileError: "元のファイル '%0' は正しい~TiddlyWikiファイルではありません",
	backupSaved: "バックアップを保存しました",
	backupFailed: "バックアップの保存に失敗しました",
	rssSaved: "RSSフィードを保存しました",
	rssFailed: "RSSフィードの保存に失敗しました",
	emptySaved: "空のテンプレートファイルを保存しました",
	emptyFailed: "空のテンプレートファイルの保存に失敗しました",
	mainSaved: "TiddlyWikiファイルを保存しました",
	mainFailed: "TiddlyWikiファイルの保存に失敗しました。変更した内容は保存されていません",
	macroError: "次のマクロでエラー発生 <<\%0>>",
	macroErrorDetails: "次のマクロを実行中にエラー発生 <<\%0>>:\n%1",
	missingMacro: "マクロがありません",
	overwriteWarning: "'%0'という名前のtiddlerはすでに存在します。OKで上書きします",
	unsavedChangesWarning: "注意! TiddlyWiki の変更が保存されていません。\n\n'OK'で保存\n'キャンセル'で変更を破棄",
	confirmExit: "--------------------------------\n\nTiddlyWikiの変更が保存されていません。このまま続けると変更が失われます\n\n--------------------------------",
	saveInstructions: "変更を保存",
	unsupportedTWFormat: "次の TiddlyWiki フォーマットには対応していません '%0'",
	tiddlerSaveError: "tiddler '%0' を保存時にエラー発生",
	tiddlerLoadError: "tiddler '%0' の読込時にエラー発生",
	wrongSaveFormat: "保存フォーマット '%0' で保存できません。標準フォーマットで保存します",
	invalidFieldName: "%0 は不正なファイル名です",
	fieldCannotBeChanged: "領域 '%0' は変更できません",
	loadingMissingTiddler: "tiddler '%0' の '%1' サーバーからの回復を試しています:\n\nワークスペース '%3' の中の '%2'",
	upgradeDone: "バージョン %0 へのアップグレードが完了しました。\n'OK' をクリックすると新しくなったTiddlyWikiをリロードします。"});

merge(config.messages.messageClose,{
	text: "閉じる",
	tooltip: "このメッセージを閉じます"});

config.messages.backstage = {
	open: {text: "クイックメニュー", tooltip: "クイックメニューを開きます"},
	close: {text: "閉じる", tooltip: "クイックメニューを閉じます"},
	prompt: "クイックメニュー: ",
	decal: {
		edit: {text: "編集", tooltip: "tiddler '%0' を編集します"}
	}
};

config.messages.listView = {
	tiddlerTooltip: "このtiddlerのテキスト全体を表示します",
	previewUnavailable: "(プレビューがありません)"
};

config.messages.dates.months = ["1月", "2月", "3月", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月", "10月", "11月","12月"];
config.messages.dates.days = ["日曜日", "月曜日", "火曜日", "水曜日", "木曜日", "金曜日", "土曜日"];
config.messages.dates.shortMonths = ["1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", "10", "11", "12"];
config.messages.dates.shortDays = ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"];
// suffixes for dates, eg "1st","2nd","3rd"..."30th","31st"
config.messages.dates.daySuffixes = ["日","日","日","日","日","日","日","日","日","日",
		"日","日","日","日","日","日","日","日","日","日",
		"日","日","日","日","日","日","日","日","日","日",
		"日"];
config.messages.dates.am = "am";
config.messages.dates.pm = "pm";

merge(config.messages.tiddlerPopup,{
	});

merge(config.views.wikified.tag,{
	labelNoTags: "タグ無し",
	labelTags: "タグ: ",
	openTag: "'%0' タグを開く",
	tooltip: "'%0' タグの付いたtiddlerを表示",
	openAllText: "全て開く",
	openAllTooltip: "以下のtiddlerを全て開く",
	popupNone: "'%0' タグの付いたtiddlerは他にありません"});

merge(config.views.wikified,{
	defaultText: "tiddler '%0' はまだ作成されていません。ダブルクリックで作成できます",
	defaultModifier: "(missing)",
	shadowModifier: "(built-in shadow tiddler)",
	dateFormat: "YYYY.MM.DD", // use this to change the date format for your locale, eg "YYYY MMM DD", do not translate the Y, M or D
	createdPrompt: "作成"});

merge(config.views.editor,{
	tagPrompt: "スペース区切りでタグを入力。スペースを含める場合は[[二重の角括弧]]で囲みます。既存のタグを選択≫",
	defaultText: "'%0' の内容を入力してください"});

merge(config.views.editor.tagChooser,{
	text: "タグ",
	tooltip: "既存のタグを選択して追加します",
	popupNone: "タグが定義されていません",
	tagTooltip: "'%0' タグを追加します"});

merge(config.messages,{
	sizeTemplates:
		[
		{unit: 1024*1024*1024, template: "%0\u00a0GB"},
		{unit: 1024*1024, template: "%0\u00a0MB"},
		{unit: 1024, template: "%0\u00a0KB"},
		{unit: 1, template: "%0\u00a0B"}
		]});

merge(config.macros.search,{
	label: "検索",
	prompt: "この TiddlyWiki 内を検索します",
	accessKey: "F",
	successMsg: "%0 件のtiddlerで %1 が見つかりました",
	failureMsg: "%0 は見つかりませんでした"});

merge(config.macros.tagging,{
	label: "タグあり: ",
	labelNotTag: "タグなし",
	tooltip: "'%0' タグを付けたtiddlerリスト"});

merge(config.macros.timeline,{
	dateFormat: "YYYY年MM月DD日"});// use this to change the date format for your locale, eg "YYYY MMM DD", do not translate the Y, M or D

merge(config.macros.allTags,{
	tooltip: "'%0' タグの付いたtiddlerを表示",
	noTags: "タグの付いたtiddlerがありません"});

config.macros.list.all.prompt = "アルファベット順 全tiddler";
config.macros.list.missing.prompt = "リンクがあるのに存在しないtiddler";
config.macros.list.orphans.prompt = "どこからもリンクされていないtiddler";
config.macros.list.shadowed.prompt = "規定で隠されているtiddler";
config.macros.list.touched.prompt = "ローカルに変更されているtiddler";

merge(config.macros.closeAll,{
	label: "全て閉じる",
	prompt: "表示されている全てのtiddlerを閉じます (編集中を除く)"});

merge(config.macros.permaview,{
	label: "現況リンク",
	prompt: "現在のtiddler表示状態を再現するURLをアドレス欄に生成します"});

merge(config.macros.saveChanges,{
	label: "保存",
	prompt: "全てのtiddlerを保存します",
	accessKey: "S"});

merge(config.macros.newTiddler,{
	label: "新規作成",
	prompt: "新しいtiddlerを作成します",
	title: "新規作成",
	accessKey: "N"});

merge(config.macros.newJournal,{
	label: "新規ジャーナル",
	prompt: "現在日時がタイトルの新しいtiddlerを作成します",
	accessKey: "J"});

merge(config.macros.options,{
	wizardTitle: "詳細設定",
	step1Title: "これらのオプション設定はブラウザのcookieに保存されます",
	step1Html: "<input type='hidden' name='markList'></input><br><input type='checkbox' checked='false' name='chkUnknown'>未知のオプションを表示</input>",
	unknownDescription: "//(未知)//",
	listViewTemplate: {
		columns: [
			{name: 'Option', field: 'option', title: "オプション設定", type: 'String'},
			{name: 'Description', field: 'description', title: "説明", type: 'WikiText'},
			{name: 'Name', field: 'name', title: "オプション名", type: 'String'}
			],
		rowClasses: [
			{className: 'lowlight', field: 'lowlight'}
			]}
	});

merge(config.macros.plugins,{
	wizardTitle: "プラグイン管理",
	step1Title: "ロードされているプラグイン",
	step1Html: "<input type='hidden' name='markList'></input>", // DO NOT TRANSLATE
	skippedText: "(このプラグインは起動後に追加されたので実行されていません)",
	noPluginText: "プラグインはインストールされていません",
	confirmDeleteText: "本当にこのプラグインを削除して良いですか?:\n\n%0",
	removeLabel: "systemConfig タグを除去",
	removePrompt: "systemConfig タグを除去します",
	deleteLabel: "削除",
	deletePrompt: "これらのtiddlerを削除します",
	listViewTemplate: {
		columns: [
			{name: 'Selected', field: 'Selected', rowName: 'title', type: 'Selector'},
			{name: 'Tiddler', field: 'tiddler', title: "Tiddler", type: 'Tiddler'},
			{name: 'Description', field: 'Description', title: "説明", type: 'String'},
			{name: 'Version', field: 'Version', title: "バージョン", type: 'String'},
			{name: 'Size', field: 'size', tiddlerLink: 'size', title: "サイズ", type: 'Size'},
			{name: 'Forced', field: 'forced', title: "強制実行", tag: 'systemConfigForce', type: 'TagCheckbox'},
			{name: 'Disabled', field: 'disabled', title: "無効化", tag: 'systemConfigDisable', type: 'TagCheckbox'},
			{name: 'Executed', field: 'executed', title: "ロード済み", type: 'Boolean', trueText: "Yes", falseText: "No"},
			{name: 'Startup Time', field: 'startupTime', title: "起動時実行", type: 'String'},
			{name: 'Error', field: 'error', title: "ステータス", type: 'Boolean', trueText: "Error", falseText: "OK"},
			{name: 'Log', field: 'log', title: "ログ", type: 'StringList'}
			],
		rowClasses: [
			{className: 'error', field: 'error'},
			{className: 'warning', field: 'warning'}
			]}
	});

merge(config.macros.toolbar,{
	moreLabel: "その他",
	morePrompt: "その他のコマンドも表示します",
	lessLabel: "隠す",
	lessPrompt: "その他のコマンドを隠します",
	separator: "|"
	});

merge(config.macros.refreshDisplay,{
	label: "再表示",
	prompt: "TiddlyWiki全体を再描画します"
	});

merge(config.macros.importTiddlers,{
	readOnlyWarning: "読込専用のTiddlyWikiには取り込めません。TiddlyWikiファイルを file:// 形式のURLで開いてみてください",
	wizardTitle: "他のファイルあるいはサーバーからtiddlerを取り込む",
	step1Title: "手順 1: TiddlyWikiファイルあるいはサーバーの位置を指定します",
	step1Html: "種別指定: <select name='selTypes'><option value=''>選択...</option></select><br>URLまたはパス名を入力: <input type='text' size=50 name='txtPath'><br>またはファイルを選択: <input type='file' size=50 name='txtBrowse'><br><hr>または既定のフィードを選択: <select name='selFeeds'><option value=''>選択...</option></select>",
	openLabel: "開く",
	openPrompt: "このファイルあるいはサーバーへ接続する",
	openError: "TiddlyWikiファイルを取り込む際に問題が発生しました",
	statusOpenHost: "ホストをオープン中",
	statusGetWorkspaceList: "有効なワークスペースのリストを取得中",
	step2Title: "手順 2: ワークスペースの選択",
	step2Html: "ワークスペース名を入力: <input type='text' size=50 name='txtWorkspace'><br>またはワークスペースを選択: <select name='selWorkspace'><option value=''>選択...</option></select>",
	cancelLabel: "キャンセル",
	cancelPrompt: "この取り込みをキャンセルする",
	statusOpenWorkspace: "ワークスペースをオープン中",
	statusGetTiddlerList: "有効なtiddlerのリストを取得中",
	errorGettingTiddlerList: "tiddlerのリストを取得中にエラーが発生しました。'キャンセル'でやり直します。",
	step3Title: "手順 3: 取り込むtiddlerの選択",
	step3Html: "<input type='hidden' name='markList'></input><br><input type='checkbox' checked='true' name='chkSync'>変更を同期できるよう、各tiddlerにこのサーバー(ファイル)へのリンクを保持する</input><br><input type='checkbox' name='chkSave'>'systemServer' タグを付けたtiddlerにこのサーバーの詳細を保存する:</input> <input type='text' size=25 name='txtSaveTiddler'>",
	importLabel: "取込",
	importPrompt: "これらのtiddlerを取り込む",
	confirmOverwriteText: "本当にこれらのtiddlerを上書きして良いですか? :\n\n%0",
	step4Title: "手順 4: tiddler %0 を取り込み",
	step4Html: "<input type='hidden' name='markReport'></input>", // DO NOT TRANSLATE
	doneLabel: "完了",
	donePrompt: "ウィザードを閉じる",
	statusDoingImport: "tidderlを取り込み中",
	statusDoneImport: "全てのtiddlerを取り込みました",
	systemServerNamePattern: "%1 / %2",
	systemServerNamePatternNoWorkspace: "%1",
	confirmOverwriteSaveTiddler: "'%0' というtiddlerは既に存在します。'OK'で上書きします。'キャンセル'で変更しません。",
	serverSaveTemplate: "|''種別:''|%0|\n|''URL:''|%1|\n|''ワークスペース:''|%2|\n\nこのtiddlerはこのサーバーの詳細情報を記録するために自動的に作成されました",
	serverSaveModifier: "(System)",
	listViewTemplate: {
		columns: [
			{name: 'Selected', field: 'Selected', rowName: 'title', type: 'Selector'},
			{name: 'Tiddler', field: 'tiddler', title: "Tiddler", type: 'Tiddler'},
			{name: 'Size', field: 'size', tiddlerLink: 'size', title: "サイズ", type: 'Size'},
			{name: 'Tags', field: 'tags', title: "タグ", type: 'Tags'}
			],
		rowClasses: [
			]}
	});

merge(config.macros.upgrade,{
	wizardTitle: "TiddlyWiki本体のアップグレード",
	step1Title: "このTiddlyWikiを最新版へ更新(あるいは修復)",
	step1Html: "TiddlyWiki本体のバージョンを <a href='%0' class='externalLink' target='_blank'>%1</a> から最新版に更新しようとしています。この更新をしてもあなたの作成したデータが削除されることはありません。<br><br>なお、本体をアップデートすることで旧プラグインの動作に支障が出る可能性があります。もし更新後の動作に問題が生じたときは、次のサイトを参照してください。<a href='http://www.tiddlywiki.org/wiki/CoreUpgrades' class='externalLink' target='_blank'>http://www.tiddlywiki.org/wiki/CoreUpgrades</a>",
	errorCantUpgrade: "このTiddlyWikiを更新できませんでした。ローカルに保存したファイルにしか、TiddlyWikiの更新はできません。",
	errorNotSaved: "更新を行う前にまずファイルを保存してください。",
	step2Title: "更新作業の詳細を確認",
	step2Html_downgrade: "TiddlyWikiのバージョンを %0 から %1 へダウングレードしようとしています。<br><br>TiddlyWiki本体を旧バージョンにダウングレードすることは推奨されません。",
	step2Html_restore: "このTiddlyWikiはすでに最新版(%0)です。<br><br>もちろんTiddlyWiki本体が破損していたときなどのために、このまま更新を継続することもできます。",
	step2Html_upgrade: "TiddlyWikiのバージョンを %0 から %1 に更新しようとしています。",
	upgradeLabel: "更新",
	upgradePrompt: "更新処理の準備",
	statusPreparingBackup: "バックアップの準備中",
	statusSavingBackup: "バックアップファイル保存中",
	errorSavingBackup: "バックアップファイルの保存中にエラーが発生しました",
	statusLoadingCore: "本体プログラムを読み込み中",
	errorLoadingCore: "本体プログラムの読み込み中にエラーが発生しました",
	errorCoreFormat: "新しいプログラムにエラーが発生しました",
	statusSavingCore: "本体プログラムの保存中",
	statusReloadingCore: "本体プログラムのリロード中",
	startLabel: "開始",
	startPrompt: "更新処理を開始する",
	cancelLabel: "キャンセル",
	cancelPrompt: "更新処理を中断する",
	step3Title: "更新処理を中断",
	step3Html: "更新処理を中断しました"
	});

merge(config.macros.sync,{
	listViewTemplate: {
		columns: [
			{name: 'Selected', field: 'selected', rowName: 'title', type: 'Selector'},
			{name: 'Tiddler', field: 'tiddler', title: "Tiddler", type: 'Tiddler'},
			{name: 'Server Type', field: 'serverType', title: "種別", type: 'String'},
			{name: 'Server Host', field: 'serverHost', title: "サーバーホスト", type: 'String'},
			{name: 'Server Workspace', field: 'serverWorkspace', title: "ワークスペース", type: 'String'},
			{name: 'Status', field: 'status', title: "同期ステータス", type: 'String'},
			{name: 'Server URL', field: 'serverUrl', title: "サーバーURL", text: "開く", type: 'Link'}
			],
		rowClasses: [
			],
		buttons: [
			{caption: "これらのtiddlerを同期", name: 'sync'}
			]},
	wizardTitle: "外部サーバーやファイルとの同期",
	step1Title: "同期したいtiddlerを選択してください",
	step1Html: "<input type='hidden' name='markList'></input>", // DO NOT TRANSLATE
	syncLabel: "同期",
	syncPrompt: "各tiddlerを同期します",
	hasChanged: "ローカル側変更あり",
	hasNotChanged: "ローカル側変更なし",
	syncStatusList: {
		none: {text: "...", display:null, className:'notChanged'},
		changedServer: {text: "サーバー側で変更あり", display:null, className:'changedServer'},
		changedLocally: {text: "ローカル側で変更あり", display:null, className:'changedLocally'},
		changedBoth: {text: "双方で変更あり", display:null, className:'changedBoth'},
		notFound: {text: "サーバーに見つかりません", display:null, className:'notFound'},
		putToServer: {text: "更新をサーバーに保存しました", display:null, className:'putToServer'},
		gotFromServer: {text: "サーバーから更新を取得しました", display:null, className:'gotFromServer'}
		}
	});

merge(config.commands.closeTiddler,{
	text: "閉じる",
	tooltip: "このtiddlerを閉じます"});

merge(config.commands.closeOthers,{
	text: "他を閉じる",
	tooltip: "他の全てのtiddlerを閉じます"});

merge(config.commands.editTiddler,{
	text: "編集",
	tooltip: "このtiddlerを編集します",
	readOnlyText: "閲覧",
	readOnlyTooltip: "このtiddlerのソースを表示します"});

merge(config.commands.saveTiddler,{
	text: "確定",
	tooltip: "このtiddlerへの変更を保存します"});

merge(config.commands.cancelTiddler,{
	text: "キャンセル",
	tooltip: "このtiddlerへの変更を破棄します",
	warning: "本当に '%0' の変更を破棄して良いですか?",
	readOnlyText: "終了",
	readOnlyTooltip: "このtiddlerを通常表示にします"});

merge(config.commands.deleteTiddler,{
	text: "削除",
	tooltip: "このtiddlerを削除します",
	warning: "本当に '%0' を削除して良いですか?"});

merge(config.commands.permalink,{
	text: "リンクURL",
	tooltip: "このtiddlerへのURLをアドレス欄に生成します"});

merge(config.commands.references,{
	text: "参照一覧",
	tooltip: "このtiddlerへの参照を一覧表示します",
	popupNone: "参照がありません"});

merge(config.commands.jump,{
	text: "ジャンプ",
	tooltip: "他に開いているtiddlerへジャンプ"});

merge(config.commands.syncing,{
	text: "同期",
	tooltip: "このtiddlerと外部のサーバー(ファイル)との同期を制御します",
	currentlySyncing: "<div>現在の同期状態<br>種別: <span class='popupHighlight'>'%0'</span><br></"+"div><div>ホスト: <span class='popupHighlight'>%1</span></"+"div><br><div>ワークスペース: <span class='popupHighlight'>%2</span></"+"div>", // Note escaping of closing <div> tag
	notCurrentlySyncing: "同期されていません",
	captionUnSync: "このtiddlerの同期を停止",
	chooseServer: "このtiddlerを次のサーバーと同期する:",
	currServerMarker: "\u25cf ",
	notCurrServerMarker: "  "});

merge(config.commands.fields,{
	text: "拡張情報",
	tooltip: "このtiddlerの拡張情報を表示します",
	emptyText: "このtiddlerには拡張情報がありません",
	listViewTemplate: {
		columns: [
			{name: 'Field', field: 'field', title: "項目", type: 'String'},
			{name: 'Value', field: 'value', title: "値", type: 'String'}
			],
		rowClasses: [
			],
		buttons: [
			]}});

merge(config.shadowTiddlers,{
	DefaultTiddlers: "[[TranslatedGettingStarted]]",
	MainMenu: "[[TranslatedGettingStarted]]\n\n\n^^~TiddlyWiki version <<version>>\n(c) 2010 [[UnaMesa|http://www.unamesa.org/]]^^",
	TranslatedGettingStarted: "この空の~TiddlyWikiを使い始めるにあたって、まずは以下のtiddlerを編集してください。:\n;SiteTitle & SiteSubtitle: \n:このサイトのタイトルおよびサブタイトル。この上に表示されています。<br>保存後はブラウザのタイトルバーにも表示されます。\n;MainMenu: \n:メニュー。たいていは左側に表示されています。\n;DefaultTiddlers: \n:ここにtiddlerの名前が書かれていると、この TiddlyWiki を開いたときに、<br>そのtiddlerが初期表示されます。\nあなたの名前(編集したtiddlerに表示されます): <<option txtUserName>>",
	SiteTitle: "My TiddlyWiki",
	SiteSubtitle: "a reusable non-linear personal web notebook",
	SiteUrl: "",
	OptionsPanel: "これらの~TiddlyWikiを制御する各オプションの設定は、使用中のブラウザに保存されます。\n\n署名として使用するあなたの名前を~WikiWord形式(例 JoeBloggs)で入力してください。\n<<option txtUserName>>\n\n<<option chkSaveBackups>> バックアップを保存\n<<option chkAutoSave>> 自動保存\n<<option chkRegExpSearch>> 正規表現で検索\n<<option chkCaseSensitiveSearch>> 検索で大文字小文字を区別\n<<option chkAnimate>> アニメーション\n\n----\n詳細設定 [[TranslatedAdvancedOptions|AdvancedOptions]]",
	SideBarOptions: '<<search>><<closeAll>><<permaview>><<newTiddler>><<newJournal "YYYY年MM月DD日" "ジャーナル">><<saveChanges>><<slider chkSliderOptionsPanel OptionsPanel "オプション \u00bb" "TiddlyWiki の詳細設定">>',
	SideBarTabs: '<<tabs txtMainTab "時系列" "更新時刻の降順" TabTimeline "全て" "全てのtiddler" TabAll "タグ別" "全てのタグ" TabTags "その他" "その他の一覧" TabMore>>',
	TabMore: '<<tabs txtMoreTab "未作成" "リンクがあるのに存在しないtiddler" TabMoreMissing "孤立" "どこからもリンクされていないtiddler" TabMoreOrphans "隠し" "隠されているtiddler" TabMoreShadowed>>'});

merge(config.annotations,{
	AdvancedOptions: "このtiddlerでは詳細オプションを設定できます",
	ColorPalette: "この隠しtiddlerで設定された各値によって、この~TiddlyWikiでの色の枠組みが規定されます。",
	DefaultTiddlers: "この隠しtiddlerに列挙された各tiddlerは、この~TiddlyWIkiを開くと同時に自動的に表示されます。",
	EditTemplate: "この隠しtiddlerにあるHTMLテンプレートは、tiddler編集中の表示方法を決定します。",
	GettingStarted: "この隠しtiddlerは基本的な使用方法を説明します。",
	ImportTiddlers: "この隠しtiddlerは他のtiddlerの取り込み機能を提供します。",
	MainMenu: "この隠しtiddlerの内容は「メインメニュー」に表示されます。画面左手に表示されます。",
	MarkupPreHead: "この隠しtiddlerの内容は、このTiddlyWikiHTMLファイルの<head>セクション開始直後に挿入されます。",
	MarkupPostHead: "この隠しtiddlerの内容は、このTiddlyWikiHTMLファイルの<head>セクション終了直前に挿入されます。",
	MarkupPreBody: "この隠しtiddlerの内容は、このTiddlyWikiHTMLファイルの<body>セクション開始直後に挿入されます。",
	MarkupPostBody: "この隠しtiddlerの内容は、このTiddlyWikiHTMLファイルのスクリプトブロック直後にある、<body>セクション終了直前に挿入されます。",
	OptionsPanel: "この隠しtiddlerの内容は、右手のサイドバー内でスライド式のオプションパネルとして表示されます。",
	PageTemplate: "この隠しtiddlerにあるHTMLテンプレートは、~TiddlyWiki全体のレイアウトを決定します。",
	PluginManager: "この隠しtiddlerはプラグインマネージャ機能を提供します。",
	SideBarOptions: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内のオプションパネルとして表示されます。",
	SideBarTabs: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内にタブパネルとして表示されます。",
	SiteSubtitle: "この隠しtiddlerはページのサブタイトルとして利用されます。",
	SiteTitle: "この隠しtiddlerはページのメインタイトルとして利用されます。",
	SiteUrl: "この隠しtiddlerには、このTiddlyWikiを公開する際のURLを指定する必要があります。",
	StyleSheetColors: "この隠しtiddlerはページ内各要素の色に関するCSSを規定します。このtiddlerを編集しないでください。色を修正するには代わりに StyleSheet 隠しtiddler を編集してください。",
	StyleSheet: "この隠しtiddlerはカスタムCSSを規定します。",
	StyleSheetLayout: "この隠しtiddlerはページ内各要素のレイアウトに関するCSSを規定します。このtiddlerを編集しないでください。レイアウトを修正するには代わりに StyleSheet 隠しtiddler を編集してください。",
	StyleSheetLocale: "この隠しtiddlerはページ内各要素の翻訳ロケールに関するCSSを規定します。",
	StyleSheetPrint: "この隠しtiddlerは印刷に関するCSSを規定します。",
	TabAll: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内「全て」タブに表示されます。",
	TabMore: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内「その他」タブに表示されます。",
	TabMoreMissing: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内「未作成」タブに表示されます。",
	TabMoreOrphans: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内「孤立」タブに表示されます。",
	TabMoreShadowed: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内「隠し」タブに表示されます。",
	TabTags: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内「タグ別」タブに表示されます。",
	TabTimeline: "この隠しtiddlerの内容は右手のサイドバー内「時系列」タブに表示されます。",
	ToolbarCommands: "この隠しtiddlerはtiddlerツールバーにどのようなコマンドを表示するかを決定します。",
	ViewTemplate: "この隠しtiddlerにあるHTMLテンプレートは、各tiddlerの表示方法を決定します。"
	});
//}}}
[[このサイトへようこそ]]
[[初めまして]]
[[リンク集]]
[[ダウンロード]]
[[help]]
[[電縁サロン|http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/wiki/kami/]]
[[KamiWiki|http://rakusai.org/kamiwiki/]] 
[[地域情報「づづき」|http://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php]]

<<newTiddler>>
<<newJournal "DD MMM YYYY">>



TiddlyWikiを使い尽くそう!
TiddlyWikiの世界
TiddlyWikiの世界
http://pasopia.velvet.jp/sub/tiddly/tiddlywiki.html
SPAN#siteTitle{
font-family: sans-serif;
}

DIV#mainMenu{
padding: 2px;
text-align: left;
}

DIV.title{
font-size:large;
border: 2px solid #996633;
color: #FFFFFF;
background-color: #996633;
padding-left: 8px;
padding-right: 16px;
}

DIV.body{
border:2px solid #996633;
background-color: #f0f0cc;
}

DIV#titleLine{
padding: 1em;
}

.body {
font-family: "arial","verdana","sans-serif";
font-size:medium;
font-weight:normal;
line-height:100%;
padding-left:10px;
padding-right:10px;
padding-top:10px;
letter-spacing:1px;
background-color: #FFFFFF;
border-color: #CCCCCC;
}
TiddlyWikiをローカル環境で保存(save)出来ない。

TiddlyWikiは、edit、done、save changedとしていくと「エラーが発生しました」
になって、どうしても変更を保存できません。変更を保存できなくて、いつまで経
っても、初期設定のままです。という質問がありました。

これは多分ファイルのブロックが掛かっているので解除すれば大丈夫
だと思います。

(参考)
TiddlyWiki で遊んでみる
http://watcher.moe-nifty.com/memo/2005/09/tiddlywiki__f8c6.html

フォルダ名(の絶対パス)に空白文字が含まれるところに置いては駄目(例えば、
デスクトップとかマイ ドキュメントとかには設置不可)。 
インターネットから拾ってきたファイルにはセキュリティのブロックがかかっ
ている(Windows XP SP2 の場合)ので、このブロックを解除しないと駄目。 

ブロック解除の仕方はエクスプローラでファイルを選択して、プロパティで
ブロック解除ボタンを押す。

これで保存出来ると思います。
電縁サロン(KamiWiki)
http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/wiki/kami/
つづき交流ステーション(KamiWiki)
http://www.city-yokohama-tsuzuki.net/kamiwiki/
つづきパソピア(KamiWiki)
http://pasopia.velvet.jp/sub/kamiwiki/
TaKMis(KamiWiki)
http://takmi.ciao.jp/sub/kamiwiki/
地域情報「つづき」(pukiwiki)
http://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php
Blogで遊ぼう!(YukiWiki)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/yukiwiki/wiki.cgi
田園みどり共生国(FreeStyle Wiki)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/freewiki/wiki.cgi

!テキスト整形の方法([[本家|http://www.tiddlywiki.com/]]へのリンクです)
!太文字
例 ''Bold''
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
''Bold''
}}}
!打消線
例 ==Strike==
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
==Strike==
}}}
!アンダーライン
例 __Underline__
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
__Underline__
}}}
!イタリック
例  //Italic//
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
//Italic//
}}}
!上付き文字
例 2^^3^^=8
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
2^^3^^=8
}}}
!下付き文字
例 a~~ij~~ = -a~~ji~~
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
a~~ij~~ = -a~~ji~~
}}}
!ハイライト
例 @@highlight@@
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
@@highlight@@
}}}
!カラー
例 @@color(green):green colored@@
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
@@color(green):green colored@@
}}}
!バックグランドカラー
例 @@bgcolor(#a0ffa0):バックグランドカラー@@
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
@@bgcolor(#a0ffa0):カラー@@
}}}
!横線
----
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
----
}}}
!ヘッダ
!Header 1
!!Header 2
!!!Header 3
!!!!Header 4
!!!!!Header 5
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
!Header 1
!!Header 2
!!!Header 3
!!!!Header 4
!!!!!Header 5
}}}
!箇条書きの書き方
例
*箇条書き1
**箇条書き1-1
**箇条書き1-2
**箇条書き1-3
*箇条書き2
**箇条書き2-1
**箇条書き2-2
**箇条書き2-3
書式
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
*箇条書き1
**箇条書き1-1
**箇条書き1-2
**箇条書き1-3
*箇条書き2
**箇条書き2-1
**箇条書き2-2
**箇条書き2-3
}}}
!BlockQuotes
以下のような引用を作ることができます。
例1
<<<
引用内容1
引用内容2
引用内容3
引用内容4
<<<
書式1
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
<<<
引用内容1
引用内容2
引用内容3
引用内容4
<<<
}}}
例2
<<<
>level 1
>level 1
>>level 2
>>level 2
>>>level 3
>>>level 3
>>level 2
>level 1
<<<
書式2
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
<<<
>level 1
>level 1
>>level 2
>>level 2
>>>level 3
>>>level 3
>>level 2
>level 1
<<<
}}}
!テーブルの作成方法
|!1111111|!2222222|
|>| colspan |
| rowspan |左|
|~| 右|
|bgcolor(#a0ffa0):colored| 中央 |
|caption|c
テーブルの書式は以下の通りです。
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
|!1111111|!2222222|
|>| colspan |
| rowspan |左|
|~| 右|
|bgcolor(#a0ffa0):colored| 中央 |
|caption|c
}}}
!文字寄せ
|の左に文字を付けて記述すると左寄せ
|の左を空けて、右に寄せて記述すると右寄せ
|の左右を空けて記述すると中央寄せ
セル結合
|>|で列の結合表示
|~|でそのセルの行を結合して表示
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
|の左に文字を付けて記述すると左寄せ
|の左を空けて、右に寄せて記述すると右寄せ
|の左右を空けて記述すると中央寄せ
セル結合
|>|で列の結合表示
|~|でそのセルの行を結合して表示
}}}
!リンクの貼り方
リンク
http://などで始まる文字列は自動的にリンクされます。
 URLアドレスなどそのままコピー&ペーストするとリンクが出来るので簡単ですね。
リンクタイトルを変えたい場合は以下の書式で可能です。
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
 [[リンクタイトル|http://URLアドレス]]
}}}
WikiNameは、大文字のアルファベット2文字です。
日本語などでリンクページを作りたい場合は以下の書式です。
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
  [[リンクページ名]]
}}}
!イメージの表示
イメージの表示は以下の書式です。なお、相対アドレスも利用できますので、ローカルでイメージを表示するなど相対アドレスを利用してみてはいかがでしょうか。
!画像の埋込み
[img[Google|http://www.google.co.jp/images/logo_sm.gif]]なんてことも可能です。
@@color(green):@@
@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@
{{{
    [img[イメージURLアドレス]]
}}}
参考
http://www.osmosoft.com/#EmbeddedImages
◎Firefoxのカスタマイズ

★firefoxを高速にする。
1.ショートカットに/Prefetch:1を追加する。

 Firefoxが下記にフォルダにインストールされているとして
 Firefoxのショートカットを右クリックしてプロパティをク
 リックする。リンク先(T)に
 "C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" 
  のように書いてあるので /Prefetch:1を追加する。
           ↓  
 "C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" /Prefetch:1

2.Mozilla Optimizerを使う(びっくりするほど速くなる)
 Mozilla Optimizer
 http://cowscorpion.com/Browser/MozillaOptimizer.html

 Mozilla OptimizerはMozilla、 Mozilla Firefox 、Netscapeブラウザのページ
表示を高速化するツールです。 Geckoレンダリングエンジンの設定を最適化しペー
ジの表示を速くします。

----------------------------------
★Firefoxのブックマークを編集して英語のページを翻訳する。
 
 「ブックマーク」→「ブックマークの管理」→「新しいブックマーク」

名前「英語→日本語翻訳」
URL に下記にのjavascriptを入れる。

javascript:q=location.href;if(q)location.href='http://www.excite.co.jp/
world/url/body?wd_lp=ENJA&wb_url='+escape(q)
(これは便宜上改行をしてあるが、1行で続けておくこと)

でOK

英語のページを翻訳したいときには該当ページにアクセスしてから、ブックマーク
「英語→日本語翻訳」をクリックする。と翻訳してくれる。
Exciteの翻訳エンジンを使っています。

参考になるサイト
------------------------------------
Mozilla Suite / Firefox 検索プラグイン
http://n.jpn.ph/mozilla/search.html

Firefox まとめサイト
http://firefox.geckodev.org/index.php?%A5%C1%A5%E5%A1%BC%A5%CB%A5%F3%A5%B0
!!!このサイトへようこそ
Javascriptを使った、ブラウザだけでサーバーなしに動作するWiki。
TiddlyWiki - Webサーバを必要としないWiki
Webサーバを必要としない、JavaScriptだけで実装されたWikiです。日本語も普通に使えるし、インクリメンタルサーチも実装されてるので、いろいろメモしておくのに便利なツールになっています。
自分のPC上でメモ帳、紙2001のような使い方をしても良いし、作成されたhtmlをWebサイトにアップロードして使うのも良いのではないかと思う。ホームページ作成用ツールとしての使い道もありますね。


パルティーレ横浜ウエディングビレッジ
旧アニヴェルセル ヴィラ ヨコハマ
[img[(パルティーレ横浜ウエディングビレッジ旧アニヴェルセル ヴィラ ヨコハマ)|./img/aniv01.jpg]]
たばこの諸問題
http://www008.upp.so-net.ne.jp/takemoto/tobacco.htm
保健管理センターだより29 
http://www.kobe-u.ac.jp/medicalc/med30-29.html
たばこ煙の成分分析について(概要)
http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/houkoku/seibun.html
mixi(ミクシィ)
http://mixi.jp/

ミクシィに代表されるSNS(ソーシャルネットワーキングサイト  Social Networking Site)が流行っていますね。 
みなさんご存じだと思います。

 SNSとは参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWebサイトです。誰でも自由に参加できるサービスと、「既存の参加者からの招待をうけて参加する」というサービスがあります。[mixi(ミクシィ)]は後者のタイプですね。

 自分のプロフィールや写真を公開する機能や、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、サイト内の友人のみ閲覧できる日記帳、友人間でのメッセージ交換に使う掲示板やカレンダーなどの機能が提供されています。

 総務省の発表によると、ブログとSNSの登録者数値は2005年9月末のブログ登録者数は473万登録で、SNSは399万登録。この数値は、33のブログサービスと13のSNSを運営するそれぞれの事業者から提供された登録者数を単純合計したもの。ブログサービスとSNSの個別の登録者数は非公開だという。(2005.10) 

 紹介してくれる人があって私も[mixi(ミクシィ)]に参加してみました。一昔前のパソコン通信のフォーラム、サロンを彷彿とさせるところがありますね。まだ良くわからないところがありますが、@niftyのサークルなんかも同じ感じです。

 会員制の集まりを作ったり、出来るようです。Xoopsでも出来ますね。いろいろと試してみたいとは思っていますが、私の入っているところはあんまり活発ではないみたいですので、随分過去のログに返事を書いたりと、昔の書斎フォーラムのようなのんびりした感覚もまた懐かしい感じです。
 
参考
-------------------------------
SNSとは
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/yukiwiki/wiki.cgi?SNS%a4%c8%a4%cf
研究対象としての「mixi」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/14/news040.html
Wikiの父、カニンガム氏がMSを退社、Eclipse入り
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/19/news006.html
コミュニティWebサイト“mixi”の交友関係図を表示できる「mixiGraph」 
http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/03/08/mixigraph.html
総務省がブログとSNSの登録者数を公開、ブログは473万、SNSは399万 
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/10/19/9537.html
!!!ダウンロード
TiddlyWiki
http://www.tiddlywiki.com/

からダウンロード出来ます。
!リンク集
!!!Wiki関連
つづきパソピア(KamiWiki) 
http://pasopia.velvet.jp/sub/kamiwiki/
TaKMis(KamiWiki) 
http://takmi.ciao.jp/sub/kamiwiki/
電縁サロン (KamiWiki)
http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/wiki/kami/
つづき交流ステーション (KamiWiki)
http://www.city-yokohama-tsuzuki.net/kamiwiki/
横浜市市民活動支援センター(KamiWiki)
http://www.npo-c-city-yokohama.jp/kamiwiki/index.php
地域情報「つづき」(PukiWiki版) 
http://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php
PukiWikiを使ったBlogの使い方 
http://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/pukiwiki/pukiwiki.php
PukiWikiを使ったBlogの使い方 
http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/pukiwiki/pukiwiki.php
田園みどり共生国(FreeStyle? Wiki) 
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/freewiki/wiki.cgi
!!!XOOPS関連
つづきパソピア(XOOPS版) 
http://pasopia.velvet.jp/xoops/
横浜丘の手市民活動IT支援サポートプロジェクトTaKMi(XOOPS版)  
http://takmi.ciao.jp/xoops/
地域コミュニティサイト地域情報「つづき」(XOOPS版) 
http://tsuzuki.main.jp/xoops/
電子書斎フォーラム 
http://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/fshosai/
電子書斎フォーラム 
http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/fshosai/
blogを使おう!(xoops版) 
http://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/xoops/
blogを使おう!(xoops版) 
http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/xoops/
!!!Movable Type関連
地域情報「つづき」(Movable Type版) 
http://tsuzuki.main.jp/weblog/
都筑の杜のブログ 
http://tsuzuki.main.jp/tsuzuki/blog/
都筑の杜インフォメーション 
http://tsuzuki.main.jp/tsuzuki/info/
都筑の杜 
http://tsuzuki.main.jp/tsuzuki/yomi/
迷惑・悪徳メール事例紹介(インターネットを安全に楽しもう) 
http://tsuzuki.main.jp/mt/net/
!!!その他
田園みどり共生国 
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/
田園みどり共生国(FreeStyle? Wiki) 
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/freewiki/wiki.cgi
田園みどり共生国のWeblog 
http://tsuzuki.at.webry.info/
電子書斎フォーラム 
http://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/hp/ass11/ass11.cgi
電子書斎フォーラム 
http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/hp/ass11/ass11.cgi
写真アルバム 
http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/hp/view25/view25.cgi
!!!友人知人関連
ようこそ幸子のKamiwikiへ 
http://syonets.com/kamiwiki/
夢ネット・栄のKamiWiki? 
http://syonets.com/kamiwiki/sakae/
ヒライー・ポッターのKamiWiki
http://hiraipotter.or.tv/wiki/kamiwiki-0526/index.php
ヒライー・ポッターのTiddlyWiki
http://hiraipotter.or.tv/wiki/wiki.html
レンタルWikiを使ってみよう
ブログというには誰でも知っている位に普及してきたと思います。自分でもブ
ログを使っている方も多いと思いますが、最近はやり(これから普及する)に
なると思うWikiという(前からあった)のを紹介してみたいと思います。

 今までは自分のサイトに設置して使うタイプがほとんどでレンタルWikiという
のはほとんど無かったのですが、livedoor WikiというレンタルWikiというサー
ビスが始まっています。(無料)

Wiki【ウィキ】
 Webブラウザから簡単にWebページの発行・編集などが行なえる、Webコンテンツ
管理システム。WebサーバにインストールしてWebブラウザから利用する。
----------------------------------
下記にアクセスして、登録することによって即、使えるようになります。

livedoor Wiki(ウィキ)
http://wiki.livedoor.com/

ウィキって何?
http://wiki.livedoor.com/guide/
livedoor Wiki(ウィキ)の書き方
http://wiki.livedoor.com/howto.html
ウィキをはじめてみよう!
http://wiki.livedoor.com/guide/start01.html

レンタルWikiを作ってみました。以前から登録だけしていたのですが、
今日、サイトのデザイン等を変更してみました。書き込みなんかも
してみました。みなさんも登録して遊んでみては如何でしょう!

田園みどり共生国Wiki
http://wiki.livedoor.jp/pasopia1/d/

-----------------------
使ってみての感想

つづきパソピア(KamiWiki)
http://pasopia.velvet.jp/sub/kamiwiki/

に比べるとログインが必要。画像のアップロードは簡単。ページの凍結機能が
ある。仲間を登録することが出来る。みんなで書き込みも出来る。Wikiルール
を覚える必要がある。(至って簡単)
 動作の軽快さはかなり軽快。広告は無料だから仕方がないが、ちょっと気に
なる。デザインは複数個のテンプレートから選択出来る。
 メモ書きなど便利。

その他のWikiの紹介
Wikiの定番(PukiWiki)
地域情報「つづき」
http://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php
Blogで遊ぼう!(YukiWiki)
http://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/yukiwiki/wiki.cgi
レンタル掲示板、ブログ、Wikiなどを使っている場合データのバックアップを
どうしていますか?

Webのデータを一括ダウンロードすることの出来るソフトウェアとして「波乗
野郎」というものがあります。これを使って実験してみました。

「PerMan Surfer 波乗野郎」
http://www.bug.co.jp/nami-nori/

1.レンタル掲示板の場合(例:teacup)
田園みどり共生国
http://6623.teacup.com/ouji/bbs

このページのデータを全てダウンロードしてみました。自分のパソコンの
中では綺麗に表示されるのですが、別サーバーにアップロードすると旨く
表示してくれません。(もっともバックアップは出来ます)

2.レンタルブログの場合(例:biglobe)
田園みどり共生国のWeblog
http://tsuzuki.at.webry.info/

をダウンロードして、下記にアップロードしてみました。
ほぼ元通り表示してくれます。

田園みどり共生国のWeblog
http://tsuzuki.tm.land.to/sample/denen/index.html

3.レンタルWikiの場合(例:livedoor)
田園みどり共生国Wiki
http://wiki.livedoor.jp/pasopia1/d/
をダウンロードして、下記にアップロードしてみました。
ほぼ元通りに表示してくれます。

田園みどり共生国Wiki
http://tsuzuki.tm.land.to/sample/livedoorwiki/index.html

ということで、レンタル掲示板、ブログ、Wikiなどもバックアップを取ることは
可能です。ただ元に戻すときは手動になりますので、量にも寄りますが、結構大
変ですね。

波乗野郎の使い方としてはグループでホームページを作成している場合、Webに
アップされている最新のデータをダウンロードしてきて、変更修正をする。追加
すると言うことが出来ます。いちいち管理者に最新データを送ってもらわなくて
も良いですね。
!!!初めまして
Javascriptを使った、ブラウザだけでサーバーなしに動作するWiki。TiddlyWikiでサイトを構成してます。

レインボーブリッジ
[img[(アニヴェルセル ヴィラ ヨコハマ)|./img/yokohama01.jpg]]
1.快適Webスペース 無料レンタルサーバー land.to
  http://land.to/

Xoops等の設置出来る無料レンタルサーバーとしてAaacafeがお勧めだったが、新規の
募集は中止している。またXREA (エクスリア)も同様に休止中である。
 そこで新しい無料レンタルサーバー land.toというのを見つけましたので紹介します。
容量は100MB、CGI(Perl.Ruby.Python.PHP.C/C++)もOK、データベース(MySQL、
PostgreSQL)、sendmailもOKです。
 広告が入る。(広告の挿入位置は変更することができる)
 利用するには住所・氏名・メールアドレス等を登録する必要があります。

AAA! CAFE無料ホームページサービス  http://fh.aaacafe.ne.jp/
XREA (エクスリア) 無料ウェブサービス http://xrea.com/


2.Googleデスクトップ

自分のパソコンの中にあるファイルが大量になってくると、そのファイルを探すのは結構大変。
Windowsにはファイルの検索機能が標準で搭載されているが、検索にはすべてのファイルを
1つずつチェックしていくため、結構な時間がかる。そのうえ、PCへの負荷も高くなるので
他の作業に影響が出てしまう。したがってどうしてもファイルが見つからないとき、最後の
手段として覚悟して使う事になってしまう。

 最近注目されているデスクトップ検索ソフト(Google)を紹介します。
ファイル名だけではなくWordやExcelファイル、メールなどの内容から検索することができ
る“全文検索”に対応するうえ、検索速度がインターネットの検索サイト並みに速い。
これなら日常的に使っていけそう。

Googleデスクトップ
http://desktop.google.com/ 

ここで無料でダウンロード出来る。インストールすると最初にインデックスを作る。PC内に
あるファイルの内容をインデックスとして作成するので、時間がかかる1晩位パソコンを起
動したままにしておくと良いかも。それ以降は変更されてファイル、追加ファイル等の変更
だけになるので、そんなに時間がかからない。
 検索のスピードは格段に速い。これならば使えると思う。

これも似たようなものです。
MSNサーチ
http://search.msn.co.jp/ 
茨城県立健康プラザ
http://www.hsc-i.jp/hsc/index.htm

脳卒中危険度予測ツール(EXCEL)が無償でダウンロード出来ます。
健康診断時のデータを入力すると、5年後の死亡率などを予測してくれます。
改善値を入れると死亡率などが変化して、どの項目に注意すれば良いかを示し
てくれます。気になる方はダウンロードして試して見てはいかがでしょう。

Picasa2日本語版
http://picasa.google.co.jp/

パソコンの中の写真を勝手に整理してくれます。レベル調整なども出来ます。
PC内のアルバム閲覧ソフトとしても使えます。googleより配布されています。
これも無償のソフトです。軽くて軽快なのがとても気に入りました。
 変な写真をPC内の隠しファイルにいれておいても全て表示してくれますの
で覚えのある方はご注意を!

迷惑メールってなに?? 
全世界のメールの5割から6割は「迷惑メール(spam mail)」といわれています。
あなたのメールアドレスあてに「逆援助専門出会い系サイト」、「見事お客様が副賞
を当選されました!」「こちらの3名の女性から好みの女性をお選び下さい。」海外
から商品の売り込みのお知らせが届いたり、アダルト広告が届いたりしていませんか?

 迷惑メールは、許可無く受信され受けたくないメール。 宣伝メール、架空請求、
カード番号調査、お誘いメールと偽ってカード番号を不正に取得しよう。と思う者な
ど悪質なメールまで。無作為にメールを送りつけ、ちょっとでも反応があれば徹底的
に悪さをしようと狙っています!

誰にも教えていないのに、突然広告メールがとどいてませんか?
英語のメールが増えていませんか?
文字化け等(中国、韓国アジア諸国から)のメールが来ていませんか?
from:が自分のメールアドレスになっているメールなどが来ていませんか?
その請求は架空請求じゃない!?
迷惑メールがどうしてくるか、どんな事をしているか 知識をつけて、しっかり対
策しましょうね!
 
迷惑メール対策 やってはいけない5つの事
1.迷惑メールへの返信 
 アダルト広告、不明の懸賞、出所に心当たり無い怪しいメール。可愛い女の子からの
お誘いメール、儲け話などなどいくら「解除はここ」と書かれても不用意に返信したり
クリックしてはいけません!
その行為でそのメールアドレスが使われているメールアドレスということを記録してい
ます。(生きたメールアドレスの収集に躍起になっています)当然そのメールアドレス
は売ることができるアドレスになって、それ以外の所からもどんどん送られる種をまく
ことになります。 

2.迷惑メールを他人に送る事 
 「こんなメールがきたんだけど??」ついつい送りたくなるかもしれないけど、不用
意に送ることは第三者への迷惑行為です。広げる行為は絶対にやめましょう。
 
3.迷惑メールを送ってきたと思う人への通知、警告等は行わない。 
 
 本当に送り先が迷惑メール業者か?迷惑メールのほとんどは、送信者のアドレスも名
前も偽装してきます。時にはあなたのメールアドレスを名乗られているかもしれません!
こんなメール送るな!気持ちはわかりますが、絶対に相手にならない、無視をしましょう
。
目に見えない相手に無闇に返信はしないようしましょう。
 
4.メールアドレスをむやみにネットにさらさない! 
 インターネットで友達と交流。ついついメールアドレスをホームページや、掲示
板に書いてしまいがち。でも書いちゃダメ!!ホームページにはメールアドレスを
書かない。掲示板にも自分のメールアドレスは書かない。書かないといけない掲示
板には近づかない。専用のソフトなどを使いプログラムで自動的にメールアドレス
収集しています。悪徳業者があなたのメールアドレスを狙っていることを肝に銘じて
おきましょう。

5.内容を信用しない! 
 「あなたは○月○日にご購入になったXXの代金をお支払いいただいてません。」
とか、「システム変更の為カード番号を再度入力してください」とか。「パスワード
を教えて」とか架空請求に、詐欺事件が多発しています!誤って支払う人がいるから
、彼らははびこるのです。おかしい、怪しいと思ったら、近くの人に相談しましょう。
1000人に1人、1万人に1人でも騙されて、金額を払い込んでくれるだけで元が
取れる商売?(詐欺)です。十分調査しましょう。メール、電話では問い合わせはし
ないとこ。この場合もやっぱり無視が一番です。

迷惑メールの対策について

迷惑メールの対策方法として
1.プロバイダー側で対策をする。
  プロバイダーのオプション契約でのサービスを利用する。
  受信拒否設定をする。

2.クライアント側での対策
  ・メーラーを選択する。Outlook Expressは使わない。
  ・迷惑メール対策機能のあるソフトウェアを使う。
   (ウィルス対策ソフトウェアに組み込まれている。) 
  ・メーラーのフィルタ機能を使う

等が考えられますが、決定打は有りません。上記のプロバイダー側、クライアン
ト側の対策を組み合わせて取る必要があります。

プロバイダー側での対策についてはご契約のプロバイダーのサービスを選択して
適切なオプション契約をしましょう。
自分の方で取れる対策は
・メーラーを選択する
・迷惑メール対策機能のあるソフトウェアを使う。
・メーラーのフィルタ機能を使う

の3点位かなと思います。

a)メーラーを選択する
Outlookはいろいろと問題のあるメーラですので、この機会に別の物を使うのも
一つの選択肢として検討しても良いのではないかと思います。
代表的なメーラーを紹介しておきます。
電子メールソフト(メーラーとも言う)の紹介
http://pasopia.velvet.jp/sub/mail/mailer.htm

Thunderbird(無料のメーラー)お勧めかな? 
http://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/mailer/thunderbird.html

b)迷惑メール対策機能のあるソフトウェアを使う。
 ウィルス対策ソフトウェアに組み込まれている迷惑メール対策ソフトも各社から
いろいろ出ていますが、気をつけないといけないのは自分のマシンの性能にあった
ものを選ぶということだと思います。ウィルス対策ソフトはどんどん肥大化と複雑
化してきていますので、高性能マシンでは問題のないものでも、ちょっと古いマシ
ンではメールが受信出来ない等のトラブルも起きます。適切なウィルス対策ソフト
を選びましょう。Windows98、Meでも動作するタイプを選択すれば安全かなと思い
ます。

c)メーラーのフィルタ機能を使う
メーラーには「表題」、「発信者」「宛先」「本文」「CC」「TO」「BCC」
「x-sender」等のキーワードを設定することで、作成したフォルダに転送する。
ゴミ箱に転送する。機能があります。今までは受信するメールを整理するために
使用していたものですが、これだけ迷惑メールが増えてくるとこの機能を使って
迷惑メールを振り分けることで迷惑メールをフィルタリングすることも一つの対
策だと思います。

 ただ迷惑メールといっても主観的なものですので、自分の主観に基づいてフィ
ルタリングするキーワードを設定する必要があります。

例えば:いつも同じアドレスから送られてくる迷惑メールの場合
    from:xxx@vvv.co.jpをフィルタリングしてこのメールを迷惑メールフォ
    ルダ又はゴミ箱に移動させる。現実的にはほとんどアドレスの一部を変
    えて送ってくるのでほとんど効果が少ない。
    よく使う方法: @yahoo.com @hotmail.comを設定しておく。
    このプロバイダーはほとんど迷惑メールの発信アドレスとして使われて
    いるので(私の場合)

    表題:未承諾広告を設定しておいて振り分ける。未承諾広告というのは
    日本国内の法律で広告を送る場合「未承諾広告」を付けないといけない
    という決まりがあるので、ただ最近の迷惑メールはほとんど国内でない
    ので、これもあんまり有効な手段になっていないようです。
                     
    最近増えているメールアドレス info@
    FROM:info@を設定しておいて、振り分ける。時たまプロバイダー等からの
    連絡などが振り分けられる恐れがあります。(ホームページ更新時期の案
    内など)

    本文の中のキーワード

 迷惑・悪徳メール事例紹介(インターネットを安全に楽しもう)2004.12から
    迷惑メールを集めたホームページ
 http://tsuzuki.main.jp/mt/net/

    その最近の60日分をキーワード解析をしてみました。
    キーワード出現頻度解析
    http://www.searchengineoptimization.jp/tools/keyword_density/
出現頻度の高いキーワード
メール、紹介、貴方、poker、女性、トラック、投稿、バック、コメント、円、私、
会員、様、当選、続き、頂き、サイト、from、万、推薦、お誘い、招待、逆、その他
援助、迷惑、方、希望

 フィルタリングをかける「本文」キーワードとして上記の組み合わせを設定し
てみる。それなりの効果はあり。但し時間とともにキーワードが変化してきている。
そんな場合Thunderbirdは学習をしてくれるのでちょっと便利かな。

といった感じで、試行錯誤しながらこの大量の迷惑メールをどうするかいろいろと試
しています。みなさんはどんな対策を取られていますか?
番外編
1.メールサーバーの一覧を見る
Wemailというメーラーがあります。このメーラーにはメールサーバーの一覧を見る機能
があります。メールを受信する前にメールサーバーの一覧を見に行きます。表題、月日
from、が一覧で見ることが出来ます。そこで迷惑メールと思われるメールをその一覧か
ら削除してしまっておいて、その後受信するという対策方法もあります。
 これは効果は抜群ですが、いちいち自分で確認しないといけないので面倒というデメ
リットがありますね。

Wemail
http://www.ntes.co.jp/WeMail/

2.Webメールを使う
 上記と同じですが、プロバイダーに寄ってはメーラーで受信するだけでなく、Web上で
 メールを確認することが出来るサービスを行っています。私の使っているbiglobeでは
 ウェブリメールというWeb上のメールサービスがあります。

【ウェブリメール】 操作性抜群のWebメール、会社や外出先で手軽にメールチェック
 できます!複数アドレス対応! 

 まずこのメールサービスにログインして、迷惑メールと思われるメールを一気に削除
 しておいて、その後メーラーで受信する。という方法もありますね。

3.メールアドレスの変更
 一杯迷惑メールがくるということでメールアドレスを変更されている方が結構いると
 思いますが、これは一時的緊急避難と位に考えておいた方が良いと思います。3ヶ月
 も立つと前と同じ状態になってしまうと思います。変更された方いかがでしょうか?
 私の場合10年前からのメールアドレスを未だに使用しています。メールアドレスは
 一つの人格という側面もあります。何年か前交流のあったから3年ぶりにメールをい
 ただいてまたご縁が復活する場面もあります。
 昨今のADSL、光と頻繁に変更されることによってメールアドレスの変更。それのメリ
 ットデメリットを考えてなるべく変えない方が良いと思います。(よほど悪いことを
 やっているか?、迷惑を受けた場合を除いて)

 コミュニケーションツールとしてのメールの基本はメールアドレスです。一方がメー
 ルアドレスを変更しても片方が変更していないと、再度連絡する手段が残ります。
 こんな電縁もまた不思議な出会い、つきあいも生まれてくるのではないでしょうか?

 昨年12月頃から2000通以上迷惑メールを収集してみました。これを眺めてみる
 といろいろなことが見えてくると思います。はやり廃りがあったり、これも一つの人
 生の縮図ですね。迷惑メール、ウィルスメールを楽しむ位の余裕を持ちたいと思って
 います。  
 みなさんは如何でしょうか?
!電縁サロン・つづきパソピア(PCステップアップ教室)
(Excelあれこれ)

日時:平成17年10月23日(日)13:00から17:00

場所:みずきが丘管理組合集会所 2階大会議室
   横浜市都筑区荏田南5丁目20番
   荏田近隣センター、荏田東郵便局隣。    
   地図(http://qrl.jp/?191336)

内容:・Excelあれこれ(EXCELの活用法・ちょっと知っていると便利)
   ・フリーソフトウェアのダウンロードの仕方、インストールの仕方など。
   ・最新情報(インターネット・ソフトウェア)など
   ・前回のNOTA、Kamiwikiの質疑応答など
   ・その他

   プロジェクターを使った講座にしたいと思います。
   (月一回の予定で定期で開催予定。次回は11月中頃)

定員:20名程度
費用:カンパ(約100円程度)をお願いします。

申し込みは10月22日(土)までに
つづきパソピアpasopia-it@freeml.comまで
このアドレスは最近いたずらメールが多くなっているため承認制にしていますので、
少し待たせるかも知れませんが、よろしくお願いします。

なお、会場は駐車場がありませんので、バス、自転車、徒歩等でお願いします。

対象者:電縁サロン、つづきパソピアメーリングリスト参加者他希望者。

つづきパソピア
http://pasopia.velvet.jp/sub/index.html
電縁サロン
http://pasopia.velvet.jp/sub/2005/denen/index.html
このサイトへようこそ
DokuWikiは、wiki系のwebコンテンス管理システムです。特にアクセス管理が充\n実しています。\nユーザ登録はメールでアドレスを確認し、ユーザー名パスワードを付与できる\nので、グループで書き込み閲覧できるが、他の人には出来ない。一般に閲覧出\n来るページとするなどの設定ができます。ページ毎の細かい管理も可能になっ\nています。もともと英語のツールですが、日本語にも対応しています。ただ設\n置、使い方は英語なのでちょっとやっかいですね。\n 誰か翻訳ページを作ってくれると有り難いなぁ!\n\nDokuWiki(ダウンロードのページ)\nhttp://www.splitbrain.org/Programming/PHP/DokuWiki/index.php\nDokuWiki(インストールのページ)\nhttp://wiki.splitbrain.org/wiki:Install\n\n**Wiki【ウィキ】\n Webブラウザから簡単にWebページの発行・編集などが行なえる、Webコンテ\n ンツ管理システム。WebサーバにインストールしてWebブラウザから利用する。\n\nDokuWikiを設置してみよう。インストールのページを参照しながら貧弱な英語\n力で試し試し設置してみました。\n \n1.ダウンロードのページから dokuwiki-2005-07-13.tgz(2005.09.18現在\n  最新)をダウンロードする。その後適当なフォルダで解凍をする。\n  dokuwiki-2005-07-13フォルダに解凍される。\n  (圧縮がtgzで行われているのでこれを解凍出来るツールで解凍を)\n\n  フォルダ名をdokuwiki-2005-07-13→dokuwikiに変更する\n  (適当なフォルダ名)\n\n2.FTPで設置するサイトにdokuwikiフォルダごとアップロードする。\n  (その前に)\n  ・xxx.xxxx.php.distをxxx.xxxx.php変更する\n   (拡張子distをphpに変更)\n\n[dokuwiki]\n ├ [conf] \n │ ├ .htaccess \n │ ├ acl.auth.php.dist →  acl.auth.php \n │ ├ acronyms.conf \n │ ├ custom.conf \n │ ├ dokuwiki.php \n │ ├ entities.conf \n │ ├ interwiki.conf \n │ ├ local.php.dist →    local.php \n │ ├ mime.conf \n │ ├ smileys.conf \n │ ├ users.auth.php.dist → users.auth.php \n │ └ wordblock.conf \n  \n*acl.auth.phpは、権限を設定するためのファイルで、グループとユーザに\n 許可する権限を定義する。\n*users.auth.phpは、各ユーザの情報を設定するためのファイル。\n*local.phpはdokuwiki.phpで定義される設定情報を上書きするためのファイル。\nconf/local.phpをテキストエディタで編集して、アクセスコントロールを\n 有効にする(その他の設定も)。 \n\n$conf['lang'] = 'ja'; // 日本語化\n$conf['start'] = 'KoshigoeWiki'; // WIkiのトップページ名前空間 \n$conf['title'] = 'KoshigoeWiki'; // Wikiのタイトル \n$conf['useacl'] = 1; // アクセスコントロールを有効にする \n$conf['openregister'] = 1; // ユーザ登録の方法がわからなかったので、\n               公開登録を一時的に有効にする \n\n$conf['autopasswd'] = 1; // 登録の際にパスワードをメールで送ってもらう \n$conf['defaultgroup'] = '管理者グループ'; \n         // 登録時に自動的に設定されるグループ名を指定しておく \n$conf['superuser'] = '管理者ユーザ'; \n            // 管理機能を利用できる様にユーザ名を指定しておく \n\n\n3.FTPで設置するサイトにdokuwikiフォルダごとアップロードする。\n4.dataフォルダにchages.logファイルを作成する。(空のファイルでOK)\n5.パーミッション(アクセス権限)の設定\n  dataフォルダ以下を777に設定する。(これは設置するサイトによって違う)\n ├ [data] (777) \n │ ├ [attic] (777) \n │ │ └ _dummy \n │ ├ [cache] (777) \n │ │ └ _dummy \n │ ├ [locks] (777) \n │ │ └ _dummy \n │ ├ [media] (777) \n │ │ └ [wiki] (777) \n │ │ └ dokuwiki-128.png \n │ ├ [meta] (777) \n │ ├ [pages] (777) \n │ │ └ [wiki](777) \n │ │ ├ dokuwiki.txt \n │ │ ├ playground.txt \n │ │ └ syntax.txt \n │ └ .htaccess\n\nhttp://takmi.ciao.jp/dokuwiki/index.php?do=check \nでチェックしてみよう。(URL:は設置したサイト(http://takmi.ciao.jp/)\nになります。)\n\nエラーが出てれば赤でメッセージ。 \n緑のメッセージはOK\n黄色は多分警告\n\nエラーの内容を見ながら1行ずつつぶして行く。大抵はパーミッションの変更\nで修正可能だと思います。緑、黄色メッセージならば\n\ndokuwikiを設置したサイトにアクセスしてみよう。\nhttp://takmi.ciao.jp/dokuwiki/index.php\n\nログインボタンが出てきたら設置はほぼ完了、\n新規にユーザーを登録する。ユーザー名、名前、メールアドレスをいれれば、\nメールでパスワードが送られてくるので、ユーザ名、パスワードでログインする。\n\nこの状態で一応OK。ただこのままだと誰でもユーザ登録出来てしまうので、\n\nconf/acl.auth.phpを編集して、一般ユーザ権限を閲覧のみにし、管理者グループ\nを追加しておく。タブ区切りで記述し、左から名前空間・グループ名・権限レベル\n(権限値の総和)\n \ndokuwiki.php の $conf['openregister']= 0;  0に設定\n\nacl.auth.php の一番下を \n* @ALL 1 \n* @admin 16\n\nに設定して保存。FTPでアップロード。これで設置は完了です。\n\n設置について参考にさせて頂いたページ\nDokuWiki \nhttp://tokyo.atso-net.jp/pukiwikip/?DokuWiki\nDokuWiki と KamiWiki を 設置してみました\nhttp://tokyo.atso-net.jp/index.php?UID=1124690235\n\n
WebブラウザFirefox、メーラーThunderbirdをIE(インターネットエクスプローラー)、OutlookExpressから乗り換える方法を書いた本が出版されています。(センター南の有隣堂で見ました)\n\nFirefox+Thunderbird 乗り換え&活用最強ガイド\nhttp://www.gihyo.co.jp/books/syoseki-contents.php/4-7741-2363-3\nThunderbird 日本語版\nhttp://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/mailer/thunderbird.html\nFirefox 日本語版\nhttp://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/browser/webbrowser/firefox.html\n\n\nMS Officeと互換性のあるOpenOffice(オープンソフト)の入門書がダウンロード\n出来ます。\n「OpenOffice.org」v2.0のフルカラー入門書PDFが日本ユーザー会で無償公開 \nhttp://www.forest.impress.co.jp/article/2005/09/27/ooo2colormanual.html\nOpenOffice2.0セミナーテキスト制作プロジェクト\nhttp://openoffice-docj.sourceforge.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=2%2E0%5Fseminar%5Fdoc\n日本:OpenOffice.org日本ユーザー会\nhttp://ja.openoffice.org/\n\n\nWebブラウザOperaの広告が付かないバージョンが無料でダウンロード出来ます。\nOpera.comへようこそ\nhttp://jp.opera.com/\n\n
Adobe Reader、動作が重くて困っていませんか?\n今度「Foxit Reader」というソフトウェアがリリースされました。使ってみま\nしたがAdobe Readerとは違って非常に軽快です。(非商用はフリーです)\n\n独自エンジン搭載で高速起動するフリーのPDF閲覧・印刷ソフト「Foxit Reader」 \nhttp://www.forest.impress.co.jp/article/2005/09/27/foxitreader.html\n\nFoxit Reader for Windows\nhttp://www.foxitsoftware.com/pdf/rd_intro.php\nよりdownload nowをクリックしてpdfrd.zipをダウンロードして、適当なフォルダ\nに解凍する。\n\n日本語に対応させる為には「FPDFCJK.BIN」をダウンロードしてFoxit Reader.exe\nと同じフォルダに入れる。Foxit Reader.exeをクリックすると起動出来る。\n\n-------------------------------\nIE(インターネットエクスプローラー)と同じWebブラウザですが、最近シェア\nをアップしています。IEより使い勝手が良いのではないでしょうか?\nこれも軽いですよ。\n\nFirefox 日本語版\nhttp://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/browser/webbrowser/firefox.html\n
TiddlyWikiを改造したものにGTDTiddlyWiki(Getting Things Done TiddlyWiki) \nというのを見つけました。\n\nGTDTiddlyWiki\nhttp://shared.snapgrid.com/gtd_tiddlywiki.html\n\n
GoogleMapsEditor \nhttp://hsj.jp/gme/\nGoogleMapsAPIを利用した地図コンテンツをプログラムなしで作成できる編集ソフトです。\n\nGoogleMapsEditorというホームページ作成ツールが無料でダウンロード出来ます。これは\nGoogleMapsを利用する形になっています。\n\n簡単にいうとGoogleMaps(Googleの地図サービス)のURL、画像等をhtmlに自動的に取り込\nんだページを作成してくれるツールです。(手書きでやっても出来るのですが、それには\nいろいろな知識、技術が必要です)\n\nこれを使用するためには\nhttp://hsj.jp/gme/#Download\nから\nインストーラ(MSI)パッケージ\nhttp://hsj.jp/gme/GMESetup.msi\n\nをダウンロードして、自分のパソコンにインストールします。インストール後起動すると\n設置したいURLを聞いてきます。(自分のホームページURLを入れる)\n Google MapsAPI keyを取得(googleのアカウントの無い人は新規登録する)することで\n使用出来るようになります。使い方は至って簡単、取り込みたい地図の住所をいれること\nで、位置情報などを取り込んでくれます。\n詳しい使い方は\nGoogleMapsEditor\nhttp://hsj.jp/gme/\n\n最後に作成した情報をhtmlとしてはき出してくれるので適当な名前を付けて保存する。\nそれを自分のホームページにアップロードすることで完了です。\n 自分のホームページには地図情報、画像等一切アップロードしなくて、Googleの\nサイトデータをリンクで表示する形になっています。\n\n試しに作ってみました。ご参考まで\n\n地域情報「つづき」\nhttp://tsuzuki.main.jp/map/tsuzuki.html\n\nこれはいろいろと応用範囲があると思います。\n\n
[[このサイトへようこそ]]\n[[初めまして]]\n[[リンク集]]\n[[ダウンロード]]\n[[help]]\n[[電縁サロン|http://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/wiki/kami/]]\n[[KamiWiki|http://rakusai.org/kamiwiki/]] \n[[地域情報「づづき」|http://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php]]\n\n<<newTiddler>>\n<<newJournal "DD MMM YYYY">>\n\n\n\n\n\n\n© [[osmosoft|http://www.osmosoft.com]] 2005\n\n\n
TiddlyWikiを使い尽くそう!
TiddlyWikiの世界
TiddlyWikiの世界\nhttp://pasopia.velvet.jp/sub/tiddly/tiddlywiki.html\n
SPAN#siteTitle{\nfont-family: sans-serif;\n}\n\nDIV#mainMenu{\npadding: 2px;\ntext-align: left;\n}\n\nDIV.title{\nfont-size:large;\nborder: 2px solid #996633;\ncolor: #FFFFFF;\nbackground-color: #996633;\npadding-left: 8px;\npadding-right: 16px;\n}\n\nDIV.body{\nborder:2px solid #996633;\nbackground-color: #f0f0cc;\n}\n\nDIV#titleLine{\npadding: 1em;\n}\n\n.body {\nfont-family: "arial","verdana","sans-serif";\nfont-size:medium;\nfont-weight:normal;\nline-height:100%;\npadding-left:10px;\npadding-right:10px;\npadding-top:10px;\nletter-spacing:1px;\nbackground-color: #FFFFFF;\nborder-color: #CCCCCC;\n}
TiddlyWikiをローカル環境で保存(save)出来ない。\n\nTiddlyWikiは、edit、done、save changedとしていくと「エラーが発生しました」\nになって、どうしても変更を保存できません。変更を保存できなくて、いつまで経\nっても、初期設定のままです。という質問がありました。\n\nこれは多分ファイルのブロックが掛かっているので解除すれば大丈夫\nだと思います。\n\n(参考)\nTiddlyWiki で遊んでみる\nhttp://watcher.moe-nifty.com/memo/2005/09/tiddlywiki__f8c6.html\n\nフォルダ名(の絶対パス)に空白文字が含まれるところに置いては駄目(例えば、\nデスクトップとかマイ ドキュメントとかには設置不可)。 \nインターネットから拾ってきたファイルにはセキュリティのブロックがかかっ\nている(Windows XP SP2 の場合)ので、このブロックを解除しないと駄目。 \n\nブロック解除の仕方はエクスプローラでファイルを選択して、プロパティで\nブロック解除ボタンを押す。\n\nこれで保存出来ると思います。\n
電縁サロン(KamiWiki)\nhttp://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/wiki/kami/\nつづき交流ステーション(KamiWiki)\nhttp://www.city-yokohama-tsuzuki.net/kamiwiki/\nつづきパソピア(KamiWiki)\nhttp://pasopia.velvet.jp/sub/kamiwiki/\nTaKMis(KamiWiki)\nhttp://takmi.ciao.jp/sub/kamiwiki/\n地域情報「つづき」(pukiwiki)\nhttp://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php\nBlogで遊ぼう!(YukiWiki)\nhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/yukiwiki/wiki.cgi\n田園みどり共生国(FreeStyle Wiki)\nhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/freewiki/wiki.cgi\n\n
!テキスト整形の方法([[本家|http://www.tiddlywiki.com/]]へのリンクです)\n!太文字\n例 ''Bold''\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n''Bold''\n}}}\n!打消線\n例 ==Strike==\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n==Strike==\n}}}\n!アンダーライン\n例 __Underline__\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n__Underline__\n}}}\n!イタリック\n例  //Italic//\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n//Italic//\n}}}\n!上付き文字\n例 2^^3^^=8\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n2^^3^^=8\n}}}\n!下付き文字\n例 a~~ij~~ = -a~~ji~~\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\na~~ij~~ = -a~~ji~~\n}}}\n!ハイライト\n例 @@highlight@@\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n@@highlight@@\n}}}\n!カラー\n例 @@color(green):green colored@@\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n@@color(green):green colored@@\n}}}\n!バックグランドカラー\n例 @@bgcolor(#a0ffa0):バックグランドカラー@@\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n@@bgcolor(#a0ffa0):カラー@@\n}}}\n!横線\n----\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n----\n}}}\n!ヘッダ\n!Header 1\n!!Header 2\n!!!Header 3\n!!!!Header 4\n!!!!!Header 5\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n!Header 1\n!!Header 2\n!!!Header 3\n!!!!Header 4\n!!!!!Header 5\n}}}\n!箇条書きの書き方\n例\n*箇条書き1\n**箇条書き1-1\n**箇条書き1-2\n**箇条書き1-3\n*箇条書き2\n**箇条書き2-1\n**箇条書き2-2\n**箇条書き2-3\n書式\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n*箇条書き1\n**箇条書き1-1\n**箇条書き1-2\n**箇条書き1-3\n*箇条書き2\n**箇条書き2-1\n**箇条書き2-2\n**箇条書き2-3\n}}}\n!BlockQuotes\n以下のような引用を作ることができます。\n例1\n<<<\n引用内容1\n引用内容2\n引用内容3\n引用内容4\n<<<\n書式1\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n<<<\n引用内容1\n引用内容2\n引用内容3\n引用内容4\n<<<\n}}}\n例2\n<<<\n>level 1\n>level 1\n>>level 2\n>>level 2\n>>>level 3\n>>>level 3\n>>level 2\n>level 1\n<<<\n書式2\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n<<<\n>level 1\n>level 1\n>>level 2\n>>level 2\n>>>level 3\n>>>level 3\n>>level 2\n>level 1\n<<<\n}}}\n!テーブルの作成方法\n|!1111111|!2222222|\n|>| colspan |\n| rowspan |左|\n|~| 右|\n|bgcolor(#a0ffa0):colored| 中央 |\n|caption|c\nテーブルの書式は以下の通りです。\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n|!1111111|!2222222|\n|>| colspan |\n| rowspan |左|\n|~| 右|\n|bgcolor(#a0ffa0):colored| 中央 |\n|caption|c\n}}}\n!文字寄せ\n|の左に文字を付けて記述すると左寄せ\n|の左を空けて、右に寄せて記述すると右寄せ\n|の左右を空けて記述すると中央寄せ\nセル結合\n|>|で列の結合表示\n|~|でそのセルの行を結合して表示\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n|の左に文字を付けて記述すると左寄せ\n|の左を空けて、右に寄せて記述すると右寄せ\n|の左右を空けて記述すると中央寄せ\nセル結合\n|>|で列の結合表示\n|~|でそのセルの行を結合して表示\n}}}\n!リンクの貼り方\nリンク\nhttp://などで始まる文字列は自動的にリンクされます。\n URLアドレスなどそのままコピー&ペーストするとリンクが出来るので簡単ですね。\nリンクタイトルを変えたい場合は以下の書式で可能です。\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n [[リンクタイトル|http://URLアドレス]]\n}}}\nWikiNameは、大文字のアルファベット2文字です。\n日本語などでリンクページを作りたい場合は以下の書式です。\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n  [[リンクページ名]]\n}}}\n!イメージの表示\nイメージの表示は以下の書式です。なお、相対アドレスも利用できますので、ローカルでイメージを表示するなど相対アドレスを利用してみてはいかがでしょうか。\n!画像の埋込み\n[img[Google|http://www.google.co.jp/images/logo_sm.gif]]なんてことも可能です。\n@@color(green):@@\n@@bgcolor(#000000):color(#00FFFF):@@\n{{{\n    [img[イメージURLアドレス]]\n}}}\n参考\nhttp://www.osmosoft.com/#EmbeddedImages
◎Firefoxのカスタマイズ\n\n★firefoxを高速にする。\n1.ショートカットに/Prefetch:1を追加する。\n\n Firefoxが下記にフォルダにインストールされているとして\n Firefoxのショートカットを右クリックしてプロパティをク\n リックする。リンク先(T)に\n "C:\sProgram Files\sMozilla Firefox\sfirefox.exe" \n  のように書いてあるので /Prefetch:1を追加する。\n           ↓  \n "C:\sProgram Files\sMozilla Firefox\sfirefox.exe" /Prefetch:1\n\n2.Mozilla Optimizerを使う(びっくりするほど速くなる)\n Mozilla Optimizer\n http://cowscorpion.com/Browser/MozillaOptimizer.html\n\n Mozilla OptimizerはMozilla、 Mozilla Firefox 、Netscapeブラウザのページ\n表示を高速化するツールです。 Geckoレンダリングエンジンの設定を最適化しペー\nジの表示を速くします。\n\n----------------------------------\n★Firefoxのブックマークを編集して英語のページを翻訳する。\n \n 「ブックマーク」→「ブックマークの管理」→「新しいブックマーク」\n\n名前「英語→日本語翻訳」\nURL に下記にのjavascriptを入れる。\n\njavascript:q=location.href;if(q)location.href='http://www.excite.co.jp/\nworld/url/body?wd_lp=ENJA&wb_url='+escape(q)\n(これは便宜上改行をしてあるが、1行で続けておくこと)\n\nでOK\n\n英語のページを翻訳したいときには該当ページにアクセスしてから、ブックマーク\n「英語→日本語翻訳」をクリックする。と翻訳してくれる。\nExciteの翻訳エンジンを使っています。\n\n参考になるサイト\n------------------------------------\nMozilla Suite / Firefox 検索プラグイン\nhttp://n.jpn.ph/mozilla/search.html\n\nFirefox まとめサイト\nhttp://firefox.geckodev.org/index.php?%A5%C1%A5%E5%A1%BC%A5%CB%A5%F3%A5%B0
!!!このサイトへようこそ\nJavascriptを使った、ブラウザだけでサーバーなしに動作するWiki。\nTiddlyWiki - Webサーバを必要としないWiki\nWebサーバを必要としない、JavaScriptだけで実装されたWikiです。日本語も普通に使えるし、インクリメンタルサーチも実装されてるので、いろいろメモしておくのに便利なツールになっています。\n自分のPC上でメモ帳、紙2001のような使い方をしても良いし、作成されたhtmlをWebサイトにアップロードして使うのも良いのではないかと思う。ホームページ作成用ツールとしての使い道もありますね。\n\n\nパルティーレ横浜ウエディングビレッジ\n旧アニヴェルセル ヴィラ ヨコハマ\n[img[(パルティーレ横浜ウエディングビレッジ旧アニヴェルセル ヴィラ ヨコハマ)|./img/aniv01.jpg]]\n
たばこの諸問題\nhttp://www008.upp.so-net.ne.jp/takemoto/tobacco.htm\n保健管理センターだより29 \nhttp://www.kobe-u.ac.jp/medicalc/med30-29.html\nたばこ煙の成分分析について(概要)\nhttp://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/houkoku/seibun.html\n
mixi(ミクシィ)\nhttp://mixi.jp/\n\nミクシィに代表されるSNS(ソーシャルネットワーキングサイト Social Networking Site)が流行っていますね。 \nみなさんご存じだと思います。\n\n SNSとは参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWebサイトです。誰でも自由に参加できるサービスと、「既存の参加者からの招待をうけて参加する」というサービスがあります。[mixi(ミクシィ)]は後者のタイプですね。\n\n 自分のプロフィールや写真を公開する機能や、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、サイト内の友人のみ閲覧できる日記帳、友人間でのメッセージ交換に使う掲示板やカレンダーなどの機能が提供されています。\n\n 総務省の発表によると、ブログとSNSの登録者数値は2005年9月末のブログ登録者数は473万登録で、SNSは399万登録。この数値は、33のブログサービスと13のSNSを運営するそれぞれの事業者から提供された登録者数を単純合計したもの。ブログサービスとSNSの個別の登録者数は非公開だという。(2005.10) \n\n 紹介してくれる人があって私も[mixi(ミクシィ)]に参加してみました。一昔前のパソコン通信のフォーラム、サロンを彷彿とさせるところがありますね。まだ良くわからないところがありますが、@niftyのサークルなんかも同じ感じです。\n\n 会員制の集まりを作ったり、出来るようです。Xoopsでも出来ますね。いろいろと試してみたいとは思っていますが、私の入っているところはあんまり活発ではないみたいですので、随分過去のログに返事を書いたりと、昔の書斎フォーラムのようなのんびりした感覚もまた懐かしい感じです。\n \n参考\n-------------------------------\nSNSとは\nhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/yukiwiki/wiki.cgi?SNS%a4%c8%a4%cf\n研究対象としての「mixi」\nhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0509/14/news040.html\nWikiの父、カニンガム氏がMSを退社、Eclipse入り\nhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0510/19/news006.html\nコミュニティWebサイト“mixi”の交友関係図を表示できる「mixiGraph」 \nhttp://www.forest.impress.co.jp/article/2005/03/08/mixigraph.html\n総務省がブログとSNSの登録者数を公開、ブログは473万、SNSは399万 \nhttp://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/10/19/9537.html\n
!!!ダウンロード\nTiddlyWiki\nhttp://www.tiddlywiki.com/\n\nからダウンロード出来ます。
!リンク集\n!!!Wiki関連\nつづきパソピア(KamiWiki) \nhttp://pasopia.velvet.jp/sub/kamiwiki/\nTaKMis(KamiWiki) \nhttp://takmi.ciao.jp/sub/kamiwiki/\n電縁サロン (KamiWiki)\nhttp://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/wiki/kami/\nつづき交流ステーション (KamiWiki)\nhttp://www.city-yokohama-tsuzuki.net/kamiwiki/\n横浜市市民活動支援センター(KamiWiki)\nhttp://www.npo-c-city-yokohama.jp/kamiwiki/index.php\n地域情報「つづき」(PukiWiki版) \nhttp://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php\nPukiWikiを使ったBlogの使い方 \nhttp://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/pukiwiki/pukiwiki.php\nPukiWikiを使ったBlogの使い方 \nhttp://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/pukiwiki/pukiwiki.php\n田園みどり共生国(FreeStyle? Wiki) \nhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/freewiki/wiki.cgi\n!!!XOOPS関連\nつづきパソピア(XOOPS版) \nhttp://pasopia.velvet.jp/xoops/\n横浜丘の手市民活動IT支援サポートプロジェクトTaKMi(XOOPS版)  \nhttp://takmi.ciao.jp/xoops/\n地域コミュニティサイト地域情報「つづき」(XOOPS版) \nhttp://tsuzuki.main.jp/xoops/\n電子書斎フォーラム \nhttp://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/fshosai/\n電子書斎フォーラム \nhttp://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/fshosai/\nblogを使おう!(xoops版) \nhttp://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/xoops/\nblogを使おう!(xoops版) \nhttp://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/xoops/\n!!!Movable Type関連\n地域情報「つづき」(Movable Type版) \nhttp://tsuzuki.main.jp/weblog/\n都筑の杜のブログ \nhttp://tsuzuki.main.jp/tsuzuki/blog/\n都筑の杜インフォメーション \nhttp://tsuzuki.main.jp/tsuzuki/info/\n都筑の杜 \nhttp://tsuzuki.main.jp/tsuzuki/yomi/\n迷惑・悪徳メール事例紹介(インターネットを安全に楽しもう) \nhttp://tsuzuki.main.jp/mt/net/\n!!!その他\n田園みどり共生国 \nhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/\n田園みどり共生国(FreeStyle? Wiki) \nhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/freewiki/wiki.cgi\n田園みどり共生国のWeblog \nhttp://tsuzuki.at.webry.info/\n電子書斎フォーラム \nhttp://f26.aaa.livedoor.jp/~pasopia/hp/ass11/ass11.cgi\n電子書斎フォーラム \nhttp://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/hp/ass11/ass11.cgi\n写真アルバム \nhttp://f27.aaa.livedoor.jp/~pasopia/hp/view25/view25.cgi\n!!!友人知人関連\nようこそ幸子のKamiwikiへ \nhttp://syonets.com/kamiwiki/\n夢ネット・栄のKamiWiki? \nhttp://syonets.com/kamiwiki/sakae/\nヒライー・ポッターのKamiWiki\nhttp://hiraipotter.or.tv/wiki/kamiwiki-0526/index.php\nヒライー・ポッターのTiddlyWiki\nhttp://hiraipotter.or.tv/wiki/wiki.html\n
レンタルWikiを使ってみよう\nブログというには誰でも知っている位に普及してきたと思います。自分でもブ\nログを使っている方も多いと思いますが、最近はやり(これから普及する)に\nなると思うWikiという(前からあった)のを紹介してみたいと思います。\n\n 今までは自分のサイトに設置して使うタイプがほとんどでレンタルWikiという\nのはほとんど無かったのですが、livedoor WikiというレンタルWikiというサー\nビスが始まっています。(無料)\n\nWiki【ウィキ】\n Webブラウザから簡単にWebページの発行・編集などが行なえる、Webコンテンツ\n管理システム。WebサーバにインストールしてWebブラウザから利用する。\n----------------------------------\n下記にアクセスして、登録することによって即、使えるようになります。\n\nlivedoor Wiki(ウィキ)\nhttp://wiki.livedoor.com/\n\nウィキって何?\nhttp://wiki.livedoor.com/guide/\nlivedoor Wiki(ウィキ)の書き方\nhttp://wiki.livedoor.com/howto.html\nウィキをはじめてみよう!\nhttp://wiki.livedoor.com/guide/start01.html\n\nレンタルWikiを作ってみました。以前から登録だけしていたのですが、\n今日、サイトのデザイン等を変更してみました。書き込みなんかも\nしてみました。みなさんも登録して遊んでみては如何でしょう!\n\n田園みどり共生国Wiki\nhttp://wiki.livedoor.jp/pasopia1/d/\n\n-----------------------\n使ってみての感想\n\nつづきパソピア(KamiWiki)\nhttp://pasopia.velvet.jp/sub/kamiwiki/\n\nに比べるとログインが必要。画像のアップロードは簡単。ページの凍結機能が\nある。仲間を登録することが出来る。みんなで書き込みも出来る。Wikiルール\nを覚える必要がある。(至って簡単)\n 動作の軽快さはかなり軽快。広告は無料だから仕方がないが、ちょっと気に\nなる。デザインは複数個のテンプレートから選択出来る。\n メモ書きなど便利。\n\nその他のWikiの紹介\nWikiの定番(PukiWiki)\n地域情報「つづき」\nhttp://tsuzuki.main.jp/pukiwiki/pukiwiki.php\nBlogで遊ぼう!(YukiWiki)\nhttp://www2s.biglobe.ne.jp/~ouji/yukiwiki/wiki.cgi\n
レンタル掲示板、ブログ、Wikiなどを使っている場合データのバックアップを\nどうしていますか?\n\nWebのデータを一括ダウンロードすることの出来るソフトウェアとして「波乗\n野郎」というものがあります。これを使って実験してみました。\n\n「PerMan Surfer 波乗野郎」\nhttp://www.bug.co.jp/nami-nori/\n\n1.レンタル掲示板の場合(例:teacup)\n田園みどり共生国\nhttp://6623.teacup.com/ouji/bbs\n\nこのページのデータを全てダウンロードしてみました。自分のパソコンの\n中では綺麗に表示されるのですが、別サーバーにアップロードすると旨く\n表示してくれません。(もっともバックアップは出来ます)\n\n2.レンタルブログの場合(例:biglobe)\n田園みどり共生国のWeblog\nhttp://tsuzuki.at.webry.info/\n\nをダウンロードして、下記にアップロードしてみました。\nほぼ元通り表示してくれます。\n\n田園みどり共生国のWeblog\nhttp://tsuzuki.tm.land.to/sample/denen/index.html\n\n3.レンタルWikiの場合(例:livedoor)\n田園みどり共生国Wiki\nhttp://wiki.livedoor.jp/pasopia1/d/\nをダウンロードして、下記にアップロードしてみました。\nほぼ元通りに表示してくれます。\n\n田園みどり共生国Wiki\nhttp://tsuzuki.tm.land.to/sample/livedoorwiki/index.html\n\nということで、レンタル掲示板、ブログ、Wikiなどもバックアップを取ることは\n可能です。ただ元に戻すときは手動になりますので、量にも寄りますが、結構大\n変ですね。\n\n波乗野郎の使い方としてはグループでホームページを作成している場合、Webに\nアップされている最新のデータをダウンロードしてきて、変更修正をする。追加\nすると言うことが出来ます。いちいち管理者に最新データを送ってもらわなくて\nも良いですね。\n
!!!初めまして\nJavascriptを使った、ブラウザだけでサーバーなしに動作するWiki。TiddlyWikiでサイトを構成してます。\n\nレインボーブリッジ\n[img[(アニヴェルセル ヴィラ ヨコハマ)|./img/yokohama01.jpg]]
// Shadow tiddlers for emergencies\nconfig.shadowTiddlers.SideBarOptions = "<<search>><<closeAll>><<permaview>><<saveChanges>><<slider chkSliderOptionsPanel OptionsPanel 設定 'TiddlyWikiの設定を変更する。'>>";\nconfig.shadowTiddlers.OptionsPanel = "これらの設定はご使用のブラウザ内に保存されます。\sn\sn署名として使用するあなたの名前をWikiWord(eg JoeBloggs)の形式で入力してください。\sn\sn<<option txtUserName>>\sn<<option chkSaveBackups>> バックアップ取得\sn<<option chkAutoSave>> 自動保存\sn<<option chkGenerateAnRssFeed>> RSSファイル生成\sn<<option chkRegExpSearch>> 正規表現による検索\sn<<option chkCaseSensitiveSearch>> 英文字大小区別検索\sn<<option chkAnimate>> アニメーション\sn\sn[[詳細な設定|AdvancedOptions]]";\nconfig.shadowTiddlers.AdvancedOptions = "<<option chkOpenInNewWindow>> 新しいウィンドウでリンクを開く\sn<<option chkSaveEmptyTemplate>> 空のテンプレートファイル(empty.html)を保存する\sn<<option chkToggleLinks>> 既に開いているTiddlerをクリックした時に閉じる\sn^^(override with Control or other modifier key)^^";\nconfig.shadowTiddlers.SideBarTabs = "<<tabs txtMainTab '更新順' '更新順に表示する' TabTimeline 'タグ' 'タグ一覧' TabTags '詳細' '詳細' TabMore>>";\nconfig.shadowTiddlers.TabTimeline = "<<timeline>>";\nconfig.shadowTiddlers.TabTags = "<<allTags>>";\nconfig.shadowTiddlers.TabMore = "<<tabs txtMoreTab '全部' 'すべてのTiddler' TabMoreAll '定義なし' '定義されていないTiddler一覧' TabMoreMissing 'リンク切れ' 'リンク切れしている単独のTiddler' TabMoreOrphans>>";\nconfig.shadowTiddlers.TabMoreAll = "<<list all>>";\nconfig.shadowTiddlers.TabMoreMissing = "<<list missing>>";\nconfig.shadowTiddlers.TabMoreOrphans = "<<list orphans>>";\n// メッセージ\nconfig.messages.customConfigError = "カスタムコンフィグにてエラー発生。 - %0";\nconfig.messages.savedSnapshotError = "保存に失敗しました。詳細は http://www.tiddlywiki.com/#DownloadSoftware をご覧ください。";\nconfig.messages.subtitleUnknown = "(不明)";\nconfig.messages.undefinedTiddlerToolTip = "'%0'というTiddlerはまだ存在しません。";\nconfig.messages.externalLinkTooltip = "(外部リンク) %0";\nconfig.messages.noTags = "タグの設定されていないTiddler";\nconfig.messages.notFileUrlError = "変更を保存したい場合、このTiddlyWikiをファイルに保存(ダウンロード)する必要があります。";\nconfig.messages.cantSaveError = "このブラウザでは保存することができません。できればFirefoxを使ってください。";\nconfig.messages.invalidFileError = "元のファイル '%0' は妥当なTiddlyWikiのファイルではありません。";\nconfig.messages.backupSaved = "バックアップファイルを保存しました。";\nconfig.messages.backupFailed = "バックアップファイルの保存に失敗しました。";\nconfig.messages.rssSaved = "RSSファイルを保存しました。";\nconfig.messages.rssFailed = "RSSファイルの保存に失敗しました。";\nconfig.messages.emptySaved = "空のテンプレートファイルを保存しました。";\nconfig.messages.emptyFailed = "空のテンプレートファイルの保存に失敗しました。";\nconfig.messages.mainSaved = "TiddlyWikiファイルを保存しました。";\nconfig.messages.mainFailed = "TiddlyWikiファイルの保存に失敗しました。修正内容は保存されていません。";\nconfig.messages.macroError = "マクロ実行時エラー: '%0'";\nconfig.messages.overwriteWarning = "'%0'というTiddlerはすでに存在します。OKを選択すると上書きします。";\nconfig.messages.unsavedChangesWarning = "警告! 保存されていない変更が存在します。\sn\snOKを選択:保存\snCancelを選択:編集内容を破棄";\nconfig.messages.months = ["1月", "2月", "3月", "4月", "5月", "6月", "7月", "8月", "9月", "10月", "11月","12月"];\nconfig.messages.dates.days = ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"];\n// Tiddler表示時ツールバーなど\nconfig.views.wikified.tag.labelNoTags = "no tags";\nconfig.views.wikified.tag.labelTags = "タグ = ";\nconfig.views.wikified.tag.tooltip = "タグ'%0'が設定されたTiddlerを閲覧する。";\nconfig.views.wikified.tag.openAllText = "タグ'%0'のTiddlerをすべて開く。";\nconfig.views.wikified.tag.openAllTooltip = "このTiddlerをすべて開く。";\nconfig.views.wikified.tag.popupNone = "タグ'%0'はこれ以外のTiddlerに設定されていません。";\nconfig.views.wikified.toolbarClose.text = "閉じる";\nconfig.views.wikified.toolbarClose.tooltip = "このTiddlerを閉じます。";\nconfig.views.wikified.toolbarEdit.text = "編集";\nconfig.views.wikified.toolbarEdit.tooltip = "このTiddlerを編集します。";\nconfig.views.wikified.toolbarPermalink.text = "アドレス表示";\nconfig.views.wikified.toolbarPermalink.tooltip = "このTiddlerのみを表示するURLをアドレス欄に表示します。";\nconfig.views.wikified.toolbarReferences.text = "参照一覧";\nconfig.views.wikified.toolbarReferences.tooltip = "このTiddlerをリンクしているTiddlerの一覧を表示します。";\nconfig.views.wikified.toolbarReferences.popupNone = "参照されていません。";\nconfig.views.wikified.defaultText = "'%0'はまだ存在していません。ダブルクリックで作成できます。";\n// Tiddler編集時ツールバーなど\nconfig.views.editor.tagPrompt = "[[tags]]のスタイルでtagsをスペース区切りに入力します。";\nconfig.views.editor.tagChooser.text = "タグ";\nconfig.views.editor.tagChooser.tooltip = "既存のタグから追加するものを選択してください。";\nconfig.views.editor.tagChooser.popupNone = "タグが設定されていません。";\nconfig.views.editor.tagChooser.tagTooltip = "タグ'%0'を追加します。";\nconfig.views.editor.toolbarDone.text = "確定";\nconfig.views.editor.toolbarDone.tooltip = "編集内容を確定します。";\nconfig.views.editor.toolbarCancel.text = "編集中止";\nconfig.views.editor.toolbarCancel.tooltip = "編集内容を破棄します。";\nconfig.views.editor.toolbarDelete.text = "削除";\nconfig.views.editor.toolbarDelete.tooltip = "このTiddlerを削除します。";\nconfig.views.editor.defaultText = "'%0'の内容を入力してください。";\n// Each has a 'handler' member that is inserted later\nconfig.macros.search.label = "Wiki内検索";\nconfig.macros.search.prompt = "このTiddlyWiki内を検索します。"\nconfig.macros.search.successMsg = "%0 件見つかりました。- %1";\nconfig.macros.search.failureMsg = "%0 に該当するデータはありません。";\nconfig.macros.timeline.dateFormat = "YYYY年MM月DD日";\nconfig.macros.allTags.tooltip = "タグ'%0'のデータをすべて表示します。";\nconfig.macros.allTags.noTags = "タグが設定されていません。";\nconfig.macros.list.all.prompt = "アルファベット順のTiddler一覧";\nconfig.macros.list.missing.prompt = "リンクはされているが定義されていないTiddler一覧";\nconfig.macros.list.orphans.prompt = "他のどこからもリンクされていないTiddler一覧";\nconfig.macros.closeAll.label = "すべて閉じる";\nconfig.macros.closeAll.prompt = "編集されているもの以外の表示されているすべてTiddlerを閉じます。";\nconfig.macros.permaview.label = "アドレス表示";\nconfig.macros.permaview.prompt = "現在表示されているTiddlerの状態を表示するURLです。"\nconfig.macros.saveChanges.label = "保存";\nconfig.macros.saveChanges.prompt = "すべてのTiddlerを保存します。";\nconfig.macros.newTiddler.label = "新規作成";\nconfig.macros.newTiddler.Title = "新規Tiddler";\nconfig.macros.newTiddler.prompt = "新しいTiddlerを作成します。";\nconfig.macros.newJournal.label = "新規日報";\nconfig.macros.newJournal.prompt = "新しいTiddlerを現在の日時をタイトルとして作成します。";\n
1.快適Webスペース 無料レンタルサーバー land.to\n  http://land.to/\n\nXoops等の設置出来る無料レンタルサーバーとしてAaacafeがお勧めだったが、新規の\n募集は中止している。またXREA (エクスリア)も同様に休止中である。\n そこで新しい無料レンタルサーバー land.toというのを見つけましたので紹介します。\n容量は100MB、CGI(Perl.Ruby.Python.PHP.C/C++)もOK、データベース(MySQL、\nPostgreSQL)、sendmailもOKです。\n 広告が入る。(広告の挿入位置は変更することができる)\n 利用するには住所・氏名・メールアドレス等を登録する必要があります。\n\nAAA! CAFE無料ホームページサービス  http://fh.aaacafe.ne.jp/\nXREA (エクスリア) 無料ウェブサービス http://xrea.com/\n\n\n2.Googleデスクトップ\n\n自分のパソコンの中にあるファイルが大量になってくると、そのファイルを探すのは結構大変。\nWindowsにはファイルの検索機能が標準で搭載されているが、検索にはすべてのファイルを\n1つずつチェックしていくため、結構な時間がかる。そのうえ、PCへの負荷も高くなるので\n他の作業に影響が出てしまう。したがってどうしてもファイルが見つからないとき、最後の\n手段として覚悟して使う事になってしまう。\n\n 最近注目されているデスクトップ検索ソフト(Google)を紹介します。\nファイル名だけではなくWordやExcelファイル、メールなどの内容から検索することができ\nる“全文検索”に対応するうえ、検索速度がインターネットの検索サイト並みに速い。\nこれなら日常的に使っていけそう。\n\nGoogleデスクトップ\nhttp://desktop.google.com/ \n\nここで無料でダウンロード出来る。インストールすると最初にインデックスを作る。PC内に\nあるファイルの内容をインデックスとして作成するので、時間がかかる1晩位パソコンを起\n動したままにしておくと良いかも。それ以降は変更されてファイル、追加ファイル等の変更\nだけになるので、そんなに時間がかからない。\n 検索のスピードは格段に速い。これならば使えると思う。\n\nこれも似たようなものです。\nMSNサーチ\nhttp://search.msn.co.jp/ \n
茨城県立健康プラザ\nhttp://www.hsc-i.jp/hsc/index.htm\n\n脳卒中危険度予測ツール(EXCEL)が無償でダウンロード出来ます。\n健康診断時のデータを入力すると、5年後の死亡率などを予測してくれます。\n改善値を入れると死亡率などが変化して、どの項目に注意すれば良いかを示し\nてくれます。気になる方はダウンロードして試して見てはいかがでしょう。\n\nPicasa2日本語版\nhttp://picasa.google.co.jp/\n\nパソコンの中の写真を勝手に整理してくれます。レベル調整なども出来ます。\nPC内のアルバム閲覧ソフトとしても使えます。googleより配布されています。\nこれも無償のソフトです。軽くて軽快なのがとても気に入りました。\n 変な写真をPC内の隠しファイルにいれておいても全て表示してくれますの\nで覚えのある方はご注意を!\n\n
迷惑メールってなに?? \n全世界のメールの5割から6割は「迷惑メール(spam mail)」といわれています。\nあなたのメールアドレスあてに「逆援助専門出会い系サイト」、「見事お客様が副賞\nを当選されました!」「こちらの3名の女性から好みの女性をお選び下さい。」海外\nから商品の売り込みのお知らせが届いたり、アダルト広告が届いたりしていませんか?\n\n 迷惑メールは、許可無く受信され受けたくないメール。 宣伝メール、架空請求、\nカード番号調査、お誘いメールと偽ってカード番号を不正に取得しよう。と思う者な\nど悪質なメールまで。無作為にメールを送りつけ、ちょっとでも反応があれば徹底的\nに悪さをしようと狙っています!\n\n誰にも教えていないのに、突然広告メールがとどいてませんか?\n英語のメールが増えていませんか?\n文字化け等(中国、韓国アジア諸国から)のメールが来ていませんか?\nfrom:が自分のメールアドレスになっているメールなどが来ていませんか?\nその請求は架空請求じゃない!?\n迷惑メールがどうしてくるか、どんな事をしているか 知識をつけて、しっかり対\n策しましょうね!\n \n迷惑メール対策 やってはいけない5つの事\n1.迷惑メールへの返信 \n アダルト広告、不明の懸賞、出所に心当たり無い怪しいメール。可愛い女の子からの\nお誘いメール、儲け話などなどいくら「解除はここ」と書かれても不用意に返信したり\nクリックしてはいけません!\nその行為でそのメールアドレスが使われているメールアドレスということを記録してい\nます。(生きたメールアドレスの収集に躍起になっています)当然そのメールアドレス\nは売ることができるアドレスになって、それ以外の所からもどんどん送られる種をまく\nことになります。 \n\n2.迷惑メールを他人に送る事 \n 「こんなメールがきたんだけど??」ついつい送りたくなるかもしれないけど、不用\n意に送ることは第三者への迷惑行為です。広げる行為は絶対にやめましょう。\n \n3.迷惑メールを送ってきたと思う人への通知、警告等は行わない。 \n \n 本当に送り先が迷惑メール業者か?迷惑メールのほとんどは、送信者のアドレスも名\n前も偽装してきます。時にはあなたのメールアドレスを名乗られているかもしれません!\nこんなメール送るな!気持ちはわかりますが、絶対に相手にならない、無視をしましょう\n。\n目に見えない相手に無闇に返信はしないようしましょう。\n \n4.メールアドレスをむやみにネットにさらさない! \n インターネットで友達と交流。ついついメールアドレスをホームページや、掲示\n板に書いてしまいがち。でも書いちゃダメ!!ホームページにはメールアドレスを\n書かない。掲示板にも自分のメールアドレスは書かない。書かないといけない掲示\n板には近づかない。専用のソフトなどを使いプログラムで自動的にメールアドレス\n収集しています。悪徳業者があなたのメールアドレスを狙っていることを肝に銘じて\nおきましょう。\n\n5.内容を信用しない! \n 「あなたは○月○日にご購入になったXXの代金をお支払いいただいてません。」\nとか、「システム変更の為カード番号を再度入力してください」とか。「パスワード\nを教えて」とか架空請求に、詐欺事件が多発しています!誤って支払う人がいるから\n、彼らははびこるのです。おかしい、怪しいと思ったら、近くの人に相談しましょう。\n1000人に1人、1万人に1人でも騙されて、金額を払い込んでくれるだけで元が\n取れる商売?(詐欺)です。十分調査しましょう。メール、電話では問い合わせはし\nないとこ。この場合もやっぱり無視が一番です。\n\n
迷惑メールの対策について\n\n迷惑メールの対策方法として\n1.プロバイダー側で対策をする。\n  プロバイダーのオプション契約でのサービスを利用する。\n  受信拒否設定をする。\n\n2.クライアント側での対策\n  ・メーラーを選択する。Outlook Expressは使わない。\n  ・迷惑メール対策機能のあるソフトウェアを使う。\n   (ウィルス対策ソフトウェアに組み込まれている。) \n  ・メーラーのフィルタ機能を使う\n\n等が考えられますが、決定打は有りません。上記のプロバイダー側、クライアン\nト側の対策を組み合わせて取る必要があります。\n\nプロバイダー側での対策についてはご契約のプロバイダーのサービスを選択して\n適切なオプション契約をしましょう。\n自分の方で取れる対策は\n・メーラーを選択する\n・迷惑メール対策機能のあるソフトウェアを使う。\n・メーラーのフィルタ機能を使う\n\nの3点位かなと思います。\n\na)メーラーを選択する\nOutlookはいろいろと問題のあるメーラですので、この機会に別の物を使うのも\n一つの選択肢として検討しても良いのではないかと思います。\n代表的なメーラーを紹介しておきます。\n電子メールソフト(メーラーとも言う)の紹介\nhttp://pasopia.velvet.jp/sub/mail/mailer.htm\n\nThunderbird(無料のメーラー)お勧めかな? \nhttp://www.forest.impress.co.jp/lib/inet/mail/mailer/thunderbird.html\n\nb)迷惑メール対策機能のあるソフトウェアを使う。\n ウィルス対策ソフトウェアに組み込まれている迷惑メール対策ソフトも各社から\nいろいろ出ていますが、気をつけないといけないのは自分のマシンの性能にあった\nものを選ぶということだと思います。ウィルス対策ソフトはどんどん肥大化と複雑\n化してきていますので、高性能マシンでは問題のないものでも、ちょっと古いマシ\nンではメールが受信出来ない等のトラブルも起きます。適切なウィルス対策ソフト\nを選びましょう。Windows98、Meでも動作するタイプを選択すれば安全かなと思い\nます。\n\nc)メーラーのフィルタ機能を使う\nメーラーには「表題」、「発信者」「宛先」「本文」「CC」「TO」「BCC」\n「x-sender」等のキーワードを設定することで、作成したフォルダに転送する。\nゴミ箱に転送する。機能があります。今までは受信するメールを整理するために\n使用していたものですが、これだけ迷惑メールが増えてくるとこの機能を使って\n迷惑メールを振り分けることで迷惑メールをフィルタリングすることも一つの対\n策だと思います。\n\n ただ迷惑メールといっても主観的なものですので、自分の主観に基づいてフィ\nルタリングするキーワードを設定する必要があります。\n\n例えば:いつも同じアドレスから送られてくる迷惑メールの場合\n    from:xxx@vvv.co.jpをフィルタリングしてこのメールを迷惑メールフォ\n    ルダ又はゴミ箱に移動させる。現実的にはほとんどアドレスの一部を変\n    えて送ってくるのでほとんど効果が少ない。\n    よく使う方法: @yahoo.com @hotmail.comを設定しておく。\n    このプロバイダーはほとんど迷惑メールの発信アドレスとして使われて\n    いるので(私の場合)\n\n    表題:未承諾広告を設定しておいて振り分ける。未承諾広告というのは\n    日本国内の法律で広告を送る場合「未承諾広告」を付けないといけない\n    という決まりがあるので、ただ最近の迷惑メールはほとんど国内でない\n    ので、これもあんまり有効な手段になっていないようです。\n                     \n    最近増えているメールアドレス info@\n    FROM:info@を設定しておいて、振り分ける。時たまプロバイダー等からの\n    連絡などが振り分けられる恐れがあります。(ホームページ更新時期の案\n    内など)\n\n    本文の中のキーワード\n\n 迷惑・悪徳メール事例紹介(インターネットを安全に楽しもう)2004.12から\n    迷惑メールを集めたホームページ\n http://tsuzuki.main.jp/mt/net/\n\n    その最近の60日分をキーワード解析をしてみました。\n    キーワード出現頻度解析\n    http://www.searchengineoptimization.jp/tools/keyword_density/\n出現頻度の高いキーワード\nメール、紹介、貴方、poker、女性、トラック、投稿、バック、コメント、円、私、\n会員、様、当選、続き、頂き、サイト、from、万、推薦、お誘い、招待、逆、その他\n援助、迷惑、方、希望\n\n フィルタリングをかける「本文」キーワードとして上記の組み合わせを設定し\nてみる。それなりの効果はあり。但し時間とともにキーワードが変化してきている。\nそんな場合Thunderbirdは学習をしてくれるのでちょっと便利かな。\n\nといった感じで、試行錯誤しながらこの大量の迷惑メールをどうするかいろいろと試\nしています。みなさんはどんな対策を取られていますか?\n
番外編\n1.メールサーバーの一覧を見る\nWemailというメーラーがあります。このメーラーにはメールサーバーの一覧を見る機能\nがあります。メールを受信する前にメールサーバーの一覧を見に行きます。表題、月日\nfrom、が一覧で見ることが出来ます。そこで迷惑メールと思われるメールをその一覧か\nら削除してしまっておいて、その後受信するという対策方法もあります。\n これは効果は抜群ですが、いちいち自分で確認しないといけないので面倒というデメ\nリットがありますね。\n\nWemail\nhttp://www.ntes.co.jp/WeMail/\n\n2.Webメールを使う\n 上記と同じですが、プロバイダーに寄ってはメーラーで受信するだけでなく、Web上で\n メールを確認することが出来るサービスを行っています。私の使っているbiglobeでは\n ウェブリメールというWeb上のメールサービスがあります。\n\n【ウェブリメール】 操作性抜群のWebメール、会社や外出先で手軽にメールチェック\n できます!複数アドレス対応! \n\n まずこのメールサービスにログインして、迷惑メールと思われるメールを一気に削除\n しておいて、その後メーラーで受信する。という方法もありますね。\n\n3.メールアドレスの変更\n 一杯迷惑メールがくるということでメールアドレスを変更されている方が結構いると\n 思いますが、これは一時的緊急避難と位に考えておいた方が良いと思います。3ヶ月\n も立つと前と同じ状態になってしまうと思います。変更された方いかがでしょうか?\n 私の場合10年前からのメールアドレスを未だに使用しています。メールアドレスは\n 一つの人格という側面もあります。何年か前交流のあったから3年ぶりにメールをい\n ただいてまたご縁が復活する場面もあります。\n 昨今のADSL、光と頻繁に変更されることによってメールアドレスの変更。それのメリ\n ットデメリットを考えてなるべく変えない方が良いと思います。(よほど悪いことを\n やっているか?、迷惑を受けた場合を除いて)\n\n コミュニケーションツールとしてのメールの基本はメールアドレスです。一方がメー\n ルアドレスを変更しても片方が変更していないと、再度連絡する手段が残ります。\n こんな電縁もまた不思議な出会い、つきあいも生まれてくるのではないでしょうか?\n\n 昨年12月頃から2000通以上迷惑メールを収集してみました。これを眺めてみる\n といろいろなことが見えてくると思います。はやり廃りがあったり、これも一つの人\n 生の縮図ですね。迷惑メール、ウィルスメールを楽しむ位の余裕を持ちたいと思って\n います。  \n みなさんは如何でしょうか?\n
!電縁サロン・つづきパソピア(PCステップアップ教室)\n(Excelあれこれ)\n\n日時:平成17年10月23日(日)13:00から17:00\n\n場所:みずきが丘管理組合集会所 2階大会議室\n   横浜市都筑区荏田南5丁目20番\n   荏田近隣センター、荏田東郵便局隣。    \n   地図(http://qrl.jp/?191336)\n\n内容:・Excelあれこれ(EXCELの活用法・ちょっと知っていると便利)\n   ・フリーソフトウェアのダウンロードの仕方、インストールの仕方など。\n   ・最新情報(インターネット・ソフトウェア)など\n   ・前回のNOTA、Kamiwikiの質疑応答など\n   ・その他\n\n   プロジェクターを使った講座にしたいと思います。\n   (月一回の予定で定期で開催予定。次回は11月中頃)\n\n定員:20名程度\n費用:カンパ(約100円程度)をお願いします。\n\n申し込みは10月22日(土)までに\nつづきパソピアpasopia-it@freeml.comまで\nこのアドレスは最近いたずらメールが多くなっているため承認制にしていますので、\n少し待たせるかも知れませんが、よろしくお願いします。\n\nなお、会場は駐車場がありませんので、バス、自転車、徒歩等でお願いします。\n\n対象者:電縁サロン、つづきパソピアメーリングリスト参加者他希望者。\n\nつづきパソピア\nhttp://pasopia.velvet.jp/sub/index.html\n電縁サロン\nhttp://pasopia.velvet.jp/sub/2005/denen/index.html\n